オフィスデザインの相場と費用を抑える3つのポイント

オフィスデザイン費用は、価格の成り立ちからコスト削減を考える

 

会社の印象を決める上で、重要なのがオフィスデザインです。色や形にもこだわることも大切ですが、まずは予算と相談しないといけません。

今回は、オフィスデザインで悩んでいる方のために、相場や価格を抑えるためのポイントを紹介します。

一般的な相場価格をご紹介

 費用項目  費用相場
 レイアウト設計  25万〜50万円
 設計監理  15万〜40万円
 内装工事  100万〜500万円
 通信工事  200万〜400万円

しかし、新しくオフィスを展開する際には、家具と雰囲気を合わせる必要が出てくるので、一般的には内装工事を行うことが多いのです。そうなると費用もかかるので、どこにお金をかけないようにするのか、抑えるポイントを把握しておくことが重要です。

施工の内容や購入するオフィス家具によってかかる費用は変わりますが、オフィスを改良する相場は200万円~400万円といわれています。金額が多くかかる要因としては、内装工事を現状から大きく変更するとか、通信工事を行うことが考えられます。そのため、現状のオフィスの状態を維持しながら、家具のみを購入する場合は、価格が安く済む傾向にあります。

相場価格の詳細としては、レイアウト設計に25万円~50万円。設計管理に15万円~40万円。内装工事に100万円~500万円。通信工事に200万円~400万円となっています。このことから、オフィスにかかる費用の多くは、内装工事や通信工事などの施工が原因であることがわかります。

 

価格比較だけで依頼先を選んではいけない理由

オフィスデザインを決めた後は依頼先を決めます。その時に見積もりの価格比較を行うことで、どれくらいの費用がかかるのか相場がわかります。このときに、デザイン会社に依頼するのか、施工会社に依頼するのかによって、手間や施工が完了する早さなどが変わってくるので注意が必要です。単に価格が安いというだけで選んでは、失敗する可能性があるので気を付けないといけません。

デザイン会社に依頼をかけた場合には、デザインを専門に取り扱っていることもあり、クオリティが高くオシャレな設計にしてくれるのが特徴です。しかし、デザインを決めてから施工することが多いため、時間が思っているよりもかかる可能性があります。

施工会社に依頼をかけた場合は、実際に職人に依頼をかけることになるので、自分の意見が反映される傾向にあり、施工のスピードも早いのが特徴です。デザイン設計も行わないため、価格も安価になります。どこの会社に依頼をかけるかによって、施工スピードや仕上がりが違ってくるので、しっかり把握してから依頼をするようにしましょう。

オフィス空間のコンセプトも、デザインも、機能性も、予算もご相談ください。

 

価格を抑えるポイント1
「使用素材のグレードを下げる」

工や設計の価格は、デザイン会社や施工会社に依頼するので、相場は大きく変わらないのが特徴です。そうなると、どこで価格を抑えるのかというと、オフィスデザインの使用素材のグレードを下げる方法があります。

展開するオフィスが大規模であるほど、椅子や机の数が多くなるので、1つ1つの価格によって最終的にかかる費用が変わってきます。素材のグレードを抑えれば、それだけかかる費用が少なくなるというわけです。

椅子にしても、革製品のものであれば、価格はそれなりに高くなります。机もデザイン性が高いものであれば、高価になる傾向があります。他にもデザイナーズブランドも高いため、費用を抑えようと考えるのであれば、家具素材のグレードを下げることをおすすめします。

素材にこだわりがあるのなら、重要な場所の家具のみをグレードの高い素材にするといいでしょう。全体的にグレードの高い家具は費用が高くなる傾向にあるので、どのブランドにするのかは事前に決めておくことが大切です。

 

価格を抑えるポイント2
「オフィス家具は自社発注」

デザイン会社や施工会社にオフィスデザインを設計してもらった時に、オフィス家具は自社発注にすることをおすすめします。設計と一緒に依頼をかけると手間が省けて、一見楽に感じるかもしれません。しかし、デザイン会社や施工会社を通じて家具を発注すると、仲介手数料などを取られることがあります。そうなると、余計に費用がかかるのです。

費用を少しでもかからないようにするためには、自社で発注をかけて、定価で購入するのがおすすめです。自社で発注することで、オフィス家具についても、相場でいくらかかるのか把握できるので、今後の発注や経費管理がしやすくなるのもメリットの1つです。

設計と一緒に発注してもらうことで、オフィスの雰囲気と合っている家具を発注してもらえるかもしれませんが、費用を抑えるのが目的であれば、自社で発注した方がお得といえます。予算に合わせてオフィス家具の発注方法も検討するようにしましょう。

 

価格を抑えるポイント3
「『安い』だけが正解じゃない!満足度も意識しよう!」

安い家具を買うことは、費用を抑えられるのでいいことです。しかし、ただ安いというだけでオフィス家具を買うのは少し待った方がいいでしょう。気にするべき点は、長期的に使ってみて満足いくオフィス家具なのかということです。

例えば、椅子で長時間仕事をすることの多い事務の方が座ってみて、腰に負担がかからないクッション性の高いものの方が満足することでしょう。もし、安いということだけが理由で買っても、働いている方からクレームがきては問題になります。働く方のことも考慮して、一度意見を参考にしてからオフィス家具の購入を検討してみてはいかがでしょうか?

オフィス家具の価格相場だけを見ていても、満足できる家具かどうかは判断できません。しっかりレビューや口コミを参考にして、よりよい家具を見つける努力が重要なのです。そのためにも、オフィス家具の購入はデザイン会社や施工会社に一任するのではなく、自社発注で依頼をかけた方がメリットが大きいといえるでしょう。

 

UT SPACEがデザイン・施工に携わったオフィス

 


ユニオンテックのUT SPACEでは、綿密なヒアリングを通じてオフィスの現状、オフィスに対するご要望を踏まえた上で、オフィスデザインや空間全体の雰囲気に“御社の想い”を反映していきます。

「どのようなエントランスがいいのか、具体的にイメージがわかない…」というクライアント様もお気軽にご相談ください。これまで数多くのオフィスデザインを手掛けてきた経験と実績をもとに、具体的なアイデアやデザインをご提案させていただきます。

 

オフィス空間のコンセプトも、デザインも、機能性も、予算もご相談ください。

関連の記事



会社見学    エンゲージメント