オフィスデザインのノウハウ 人気のパターンを取り入れる

オフィスデザインに困ったら?人気のパターンを取り入れてみてはいかが?

 

オフィスデザインをするにあたって、どんなデザインにするか迷うこともあるでしょう。そんな場合は、人気のパターンを参考にして取り入れてみることをおすすめします。

そこで、オフィスデザインのポイントについてご紹介します。

 

企業コンセプトを明確に打ち出したデザイン

オフィスデザインを考える場合には、企業コンセプトを明確に打ち出したデザインにするのも選択肢の1つです。企業コンセプトに沿ってオフィスをデザインすることによって、全体に統一感が生まれます。企業コンセプトを明確にして発信することはトレンドにもなっていますので検討する価値はあるでしょう。企業コンセプトを込めたオフィスデザインにすることによって、そこで働く従業員も無意識に企業の価値観を感じることができ、業務を進める上でプラスの効果が生まれることも期待できます。

企業コンセプトが「独自のアイデアに基づく製品やサービスで世の中に貢献する」というような場合は、個性的なアイデアが浮かびやすい自由な雰囲気のオフィスに仕上げる、「先進的な技術で企業をサポートする」のであれば無機質でスタイリッシュな雰囲気のオフィスにするなど、工夫してみるとよいでしょう。企業コンセプトをわかりやすく整理するところから始めるのがおすすめです。

 

従業員が働きやすいデザイン

従業員が働きやすいという観点でオフィスデザインをするのもおすすめです。働きやすいオフィスは人気があります。従業員を大切にする企業は世の中の評価も高いため、業績も伸びていくことが期待できます。まずオフィスから従業員ファーストの姿勢を打ち出すことが有効な経営施策にもなるでしょう。

従業員の働きやすさを考える場合、単純に業務効率だけを考えてデザインしても目的を達成することは難しいです。オフィスは従業員にとって仕事をする場所であると同時に、人生の多くの時間を過ごす場所でもあります。そのため、休憩スペースや打ち合わせコーナーなど従業員同士がつながるスペースの快適さにも気を配ったオフィスにすることがポイントとなります。また、向かい合わせの画一的なデスク配列にこだわらず、思い切って不規則なデスクの並びにすることで自由な雰囲気を演出することも、働きやすいオフィスにするアイデアの1つといえます。

 

開放的な空間を演出したデザイン

オフィスデザインは動線や部署ごとの配置など業務に適した環境を整えることが大切ですが、オフィス全体の空間を広く見せることで開放的な空間を演出することも考えてみる必要があるでしょう。オフィスに限らず、開放的な空間は人気があります。リゾートホテルなどではあえて吹き抜けの大きな空間を作ることで、訪れた人の気持ちを癒す効果を狙っています。閉鎖的な空間で仕事をすると、心理的に守りの意識が強くなりよいアイデアが生まれにくくなるといわれています。開放的な空間で仕事をすることによってリラックスした状態になり、積極的にコミュニケーションをとってみたくなる、自由な発想で考えてみようという気になるなどの心理的な効果が得られるようになるでしょう。オフィスが開放的な空間であれば、仕事にはつきもののストレスの緩和にも役立つかもしれません。オフィスデザインの方向性に迷ったら開放的な空間を作ることをポイントにしてみることをおすすめします。

 

リフレッシュコーナーを充実したデザイン

オフィスデザイン設計にあたって、リフレッシュコーナーは業務と直接関係ないと考え、特に工夫することもなく最後に空いているスペースをリフレッシュコーナーにあてる程度で考える場合も多いです。確かに、リフレッシュコーナーは経営者にとっては収入を生まない無駄なスペースかもしれません。しかし、リフレッシュコーナーを充実させることによって、従業員同士のコミュニケーションが活性化されたり、快適な休息がとれることで集中力が増し休憩後の業務効率が上がったりといった効果が期待できます。そのため、リフレッシュコーナーを充実させることもオフィスデザインでは重要なポイントになるといえるでしょう。リフレッシュコーナーに十分な配慮がされているオフィスデザインは従業員の人気も高く、新しいデザインを上からの押しつけとしてやむを得ず受け入れるのではなく快く受け入れてくれることが期待できます。

 

オフィス家具におしゃれブランドを取り入れる

他のオフィスとは一味違ったおしゃれなオフィスデザインにしたいという場合は、おしゃれブランドの家具を取り入れるという方法もあります。家具というと応接室のソファーやテーブルを思い浮かべる人が多いでしょうが、書類を置く棚や休憩室のテーブルなど、置くべき家具の種類は多いです。北欧などの有名ブランドの家具を置くと、おしゃれな雰囲気のオフィスにすることができるでしょう。予算の関係でおしゃれブランドの家具を購入するのが難しい場合は、「北欧風」などそれらしい雰囲気を持った家具を選ぶと似たようなおしゃれ効果が期待できます。事務機器メーカーが供給しているオフィス家具のカタログから一括して一般的な家具を発注する方が楽な面はありますが、1つ1つの家具を吟味して揃えることによって温かみがありおしゃれなオフィスを作り上げることができるはずです。オフィスにおしゃれな要素を取り入れたいと考えている場合はおすすめの方法です。