オフィスエントランスのデザインのポイントと施工事例

クライアントにとっても社員にとっても、エントランスでの滞留時間は僅かなものです。しかし、第一印象が重要なのは、対人関係だけではなく、オフィスも同じです。オフィスのエントランスは企業イメージを大きく左右します。

事業内容、企業使命に沿った、あなたの会社だからこそのエントランスが、お客様の会社のイメージを大きく形作ることは間違いありません。近年は対外的な施策として、自社コンセプトに基づくオフィス環境整備が以前にも増して重要視されてきました。

ここではオフィス改装やエントランスの改装、リフォームを考えている人へ向けて、押さえておくべきポイントをいくつ紹介します。

 

オフィスデザインにおける大切なこと

グラフ1(『一般社団法人 日本オフィス家具協会 顧客政策委員会』(JOIFA)より) ※画像クリックで拡大

エントランスついて考える前に、エントランスを含めたそもそものオフィスデザインにおける大切なことを簡単に。

日本のオフィスワーカーたちはグラフ1の通り、自分が働いているオフィスに満足していません(データ『一般社団法人 日本オフィス家具協会 顧客政策委員会』(JOIFA)より)。

オフィスワーカーたちに不満に思われているからこそ設計、オフィスデザイン、レイアウトやゾーニングは、見た目の良さだけでなく、彼らが利用することを前提に、計画しなければいけないのです。

オフィスと一言に言っても、利用者や用途もスペースによってさまざまな形がある中で、その空間を使用しうる人たちが快適にすごせる場所であることが大前提となります

オフィスデザインに考える、その存在意義とは?

最も来訪者の目に留まりやすいエントランスや打ち合わせスペースを革新すれば、費用を抑えながら、お客様の御社に対する印象を大きく変えることが可能です。エントランスは“企業の第一印象を決める場所”でもあります。

初めて会社を訪れるお客様に、自社の商品・サービスの詳細な情報よりも先に印象として残る(企業全体のイメージを決めてしまう)のがエントランスです。その後、継続したお付き合いをしていきたいお客様から、企業自体に対して好印象を持ってもらえれば、取り扱っている商品・サービスは好意的な視点から評価してもらいやすくなります。エントランスは、このような「好意的なバイアス」を掛ける機能を担っています。

表1・2016年度・2017年度の経営課題比較 ※画像クリックで拡大

一方で、「エントランスをはじめ、オフィス内のいかなる空間も、来客以上に使用するのが従業員に他ならない」という見地から、上述のメリットや来客へのホスピタリティーとは別に、オフィスデザインを従業員エンゲージメント(※)やモチベーション向上に活用するケースが増えてきています。

上の「表1」を見ると、そうした潮流が現れていることがわかります。これは『一般社団法人 日本能率協会』(JMA)が発表した『2017年度 第38回当面する企業経営課題に関する調査』から抜粋したデータです。2016年度調査との比較すると、2017年度は「働きがい・従業員満足度・エンゲージメントの向上」「現場力の強化」がトップ10内に入り込みました。

つまり、会社のオフィスをデザイン面や機能面でより良くすることは、お客様にとっても、従業員にとってもメリットがあると考えられはじめていることがわかります。

 

※エンゲージメントとは、端的に言えば従業員の『「I Love Company」度合い』を数値化したものになります。詳しくは以下をご覧ください。

エントランスデザイン、設計のポイント

以下は、エントランスデザインにおいて各社が取り入れている基本的なデザインや機能です。

●企業・ブランドロゴの掲出(エントランスサイン)、コーポレートカラーの使用
自社独自のエントランスを演出するのに最適な手段です。会社のホームページや印刷物などに使用しているコーポレートカラーを取り入れることで、総合的に一貫性のあるデザインが施されていることがアピールできます。

先進的なデザインを取り入れたエントランスは、お客様の関心を惹くだけでなく、そこで働く従業員の働くモチベーションの向上にも寄与することが期待できるでしょう。

 

エントランス 株式会社SHIFT

UT SPACE事例・実績 : 株式会社SHIFT 様

●ホスピタリティの創出
現在、スタンダードとなっているのは、エントランス内との内線電話の設置です。電話機にもさまざまなデザイン性の高い商品がメーカー各社から発売されているので、自社のイメージやエントランスのイメージに沿ったものを選びましょう。

また、近年は無人受付アプリを入れたタブレットを設置している企業も増えてきています。それに伴い、来客が直接担当者とやりとりできるため、オフィス内での来客対応の手間が省けて業務効率改善にもつながっているようです。

また、エントランス周りにはソファや机を設置し、担当者が迎えに来るまでのわずかな時間でも座って待っていてもらえるような心配りもよく見かけます。

 

サイン 三井金属鉱業株式会社 様

UT SPACE事例・実績 : 三井金属鉱業株式会社 様

●商品・サービスの掲出
展示スペースや企業ロゴ、内装のデザインに自社の商品やサービスを展示したり、その内容などをメッセージをビジュアライズすることで、どういう会社なのかをお客様に理解してもらうことができます。

右の写真は、ユニオンテックのUT SPACEが手がけたエントランスですが、この三井金属工業株式会社のロゴサインは、非鉄金属業のリーデイングカンパニーである同社らしさを表現するために、銅箔を使って作っています。

オフィス空間のコンセプトも、デザインも、機能性も、予算もご相談ください。

オフィスエントランスの施工例

コーポレートカラーをデザインに落とし込んだエントランス

株式会社アクシス東京オフィス 様(左)……エントランスは品と清潔感のある白を基調とし、コーポレートカラーであるブルーが白い空間に映えるデザインとしました

株式会社アミット 様(中)……コーポレートカラーのグリーンを基調に柔らかくて暖かみのある雰囲気でやさしさと信頼感で企業の印象をつくり、居心地の良さを追求しています

株式会社コスモストーク 様(右)……白をオフィス全体の基調とし、コーポレートカラーの紺色でアクセントを持てせています

エントランスの待合スペース

日本ジェネティクス株式会社 様(左)……エントランス横のミーティングルームは、木目を使用したシックなデザインにしました

株式会社WIND-SMILE 様(中)……ソファスタイルで寛ぐこともでき、簡易ミーティングにも利用可能です

三井金属鉱業株式会社 様(右)……R壁とロゴサインのみでアクセントとしたアクセントウォールの背後に、簡易ミーティングでも使える椅子と机を設置しました

自社事業をビジュアライズしたエントランス

ニッタイ工業東京ショールーム 様(左)……メインエントランスは同社の一番の売りであるタイルをバックにサインを設置

ヤマトプロテック株式会社 様(中)……黒をベースとした空間に「コーポレートスローガン」を大きく打ち出してます

日本ウォール株式会社 様(右)……バーバーで使われているバリカンのメーカーらしく、円柱形の縞模様サインポールを設置しています

 

その他のUT SPACEの『エントランス 施工事例・実績一覧』はコチラ

 

オフィス空間のコンセプトも、デザインも、機能性も、予算もご相談ください。


ユニオンテックのUT SPACEでは、綿密なヒアリングを通じてオフィスの現状、オフィスに対するご要望を踏まえた上で、オフィスデザインや空間全体の雰囲気に“御社の想い”を反映していきます。

「どのようなエントランスがいいのか、具体的にイメージがわかない…」というクライアント様もお気軽にご相談ください。これまで数多くのオフィスデザインを手掛けてきた経験と実績をもとに、具体的なアイデアやデザインをご提案させていただきます。