オフィスのデスクレイアウトは業務内容で決まる!

オフィスのデスクレイアウトは業務内容で決まる!

 

オフィスのレイアウトを検討する際、ロッカーや複合機などの場所についてはじっくり考えても、デスクの配置については、機械的に人数分を島型に並べてしまっているということはないでしょうか。 実は、デスクレイアウトは業務内容に合わせて柔軟に考える必要があるのです。

様々なデスクレイアウト

オフィスにおけるデスクのレイアウトには、様々な形があります。ここでは、代表的な5つのレイアウトをご紹介しますので参考にしてみてください。

  • 島型
    昔から多くの会社で採用されてきたレイアウトです。
    机を向かい合わせに配置し、部署やチームなどの単位で島を作ります。同じ仕事をしている人が集まる形になるため、声をかけやすく、隣や向かいの席の人などとコミュニケーションを活発にとることができます。通路に沿って椅子が並ぶ形になるため、スペースをとらずに多くのデスクを配置できるというメリットもあります。
  • ブース型
    机周りに簡易的な区切りを作って、ひとりひとりが独立して働けるようにするデスク配置です。完全に周囲から遮断されるわけではないものの、集中して作業に取り組めるため、個人作業の多い職種に向いています。
  • フリーアドレス
    オープンなスペースを用意して、誰でも好きな場所で働けるというスタイルのオフィスレイアウトです。社内にいない人のデスクを確保しておく必要がなくなるため、少ないスペースで効率的に働くことができます。しばしばチーム編成が変わったり、企画によって異なる仲間と組んで働くような業種に向いています。
  • 同向式
    セミナールームのように、同一方向を向いた長机をずらりと並べるデスク配置です。コールセンターなどで採用されることの多いレイアウトです。個人の作業が中心で、それを管理者が一括してチェックするというようなオフィスに適しています。
  • 背面対向式
    背中合わせに机を配置する方法です。正面に人がいないため、自分の作業に集中しやすい環境を作れます。また、ブース型のように完全に区切られていないため、周囲とのコミュニケーションも適度にとることができます。

島型配置にもいろいろある!

オフィスのデスクレイアウトとして最も一般的なのが島型配置です。
しかし、島型とひとことで言っても、「リーダーをどこの席にするのか」、「チームごとに島を作るのか」、「チームに関係なく島を作るのか」など、実際に作るにあたって考えておかなければならないことは多々あります。
チームごとに島を作ると一体感が生まれやすくなりますが、チーム編成が変わるごとに机を移動する必要が出てきます。これを防ぐために、同じ島型でも、デスクのレイアウトを固定するユニバーサルプラン形式を採用する企業もあります。

「個人型」と「チーム型」、どちらが良いか

個人の仕事が中心になる業態では、ブース型や同向式の配置にすると集中して業務に取り組めます。一方、チーム型の仕事がメインである場合は、島型や背面対向式が向いています。
ただし、背面対向式やブース型レイアウトはスペースが多く必要になるので、オフィスの面積を確保できるかが重要になってきます。スペース確保が難しい場合は、島型配置のデスクに仕切りを設けて簡易ブース型にするなど、それぞれのタイプの特徴を兼ね備えたデスク配置について考えてみてください。

デスクレイアウトによってデスクの種類も変わる

一般的な島型配置用の机は、背面対向式でチームごとにブースを作るには不向きです。
もちろん、同じデスクを利用して異なるレイアウトを作ることもできますが、場合によっては、デスクそのものを買い替えなければならないケースもあります。
デスクレイアウトは安易に決めずに、自社の業務に最適な形を考えましょう。

まとめ

オフィスのデスクには、様々な配置方法があります。同じ社内であっても、業務内容が異なれば適したデスクレイアウトも変わってくるでしょう。オフィスの面積やデスクの種類も考え合わせながら、最適なレイアウトを検討しましょう。