レイアウト変更に使える各種寸法まとめ

オフィスレイアウト変更に使える! 各種寸法まとめ

オフィスレイアウトを行う際、ただ机やオフィス家具を並べるだけでなく、人が通れるように、また扉を開閉ができるように余白も考慮して行わなくてはいけません。

快適なオフィス空間をつくるためのオフィスレイアウト寸法について紹介します。

 

まずは標準的な人と通路の寸法を抑えよう!

デスクやオフィス家具の多さに反し狭い部屋のオフィスの場合は、人が通るデスクとデスクの間の通路などを考慮してレイアウトをしなくてはいけません。そこで重要なのが、人間の標準的な幅と人が通れる通路の寸法を理解することです。

標準的な大人の人間の横幅は450mm、そしてオフィスにおける最小の通路の幅が600mmとなります。600mmの幅は人と人のすれ違いが困難なため、配置するデスクやオフィス家具の間の600mmの通路は、なるべく人が通らない通路として家具などを配置する必要があります。人が1人通れる最小の通路以外にも、人と人のすれ違いが可能な、メイン通路と標準的な通路があります。メイン通路の幅は1600mm以上、標準的な通路は1200mm以上と設定されています。1600mmの場合は、普通に人間同士のすれ違いが可能、1200mmの場合は、通常の、または体の大きい人同士のすれ違いの場合、横歩行でのすれ違いが可能となっています。

 

最低限必要なデスク間とデスクサイドの寸法

デスクのレイアウトの場合、デスク間とデスクサイドのスペースを配慮しなくてはいけません。デスクとデスクを背中合わせに並べた場合、デスクの大きさだけでなく、人の座る幅、最低限の行動範囲まで知る必要があります。人がデスクに座っての作業の場合、椅子を前後に動かす範囲を考慮してデスクから450mmの寸法が標準です。ですからデスクの後ろが壁で、さらに人が通る場合、デスクからの距離が1500mmのスペースを取ることが標準的な寸法となっています。そしてデスクとデスクが背中合わせに向き合ってレイアウトされた場合、デスク間の幅は、座る人と人が通ることを考え、1200〜1800mmは必要となります。さらにデスクを横に並べてのデスクサイドとデスクサイドの間を通路とした場合、前述した通り、600mm以上の幅を空けることになります。デスクの後ろに壁がある場合は、人が通らない場合は600mmの幅があれば十分です。

 

オフィスレイアウト別の基準寸法

仕事の資料をまとめて保管できるキャビネット、部屋内の仕事内容を区別するために便利な仕切りであるパーテーション、そしてコピー機など、オフィスによってはオフィス家具、オフィス機器の多い部屋もあります。いろいろな家具、機器を配置するオフィスレイアウトの際も、寸法には気をつけることが重要です。

キャビネットは家具型と下に車が付いていて移動可能なものがあります。デスクの下からキャビネットを移動する際、動かしやすい寸法を取ることが大事です。デスクと家具型キャビネットの間の寸法は1700mmほどの寸法があると作業しやすいです。パーテーションで区切ったスペースは会議用スペースとして使用されることが多いので、会議用テーブルからパーテーションの間は600〜900mmほどのスペースを設けましょう。デスクの後ろにコピー機を設置する場合、そしてデスクからコピー機の間は最低でも1000mm、余裕があれば1500mmのスペースがあれば人も通りやすく作業がしやすくなります。

 

快適さを生むには余白の寸法が左右する

オフィスレイアウトはデスクやオフィス家具、オフィス機器の配置を考えることですが、物を置かない余白部分である「間」もレイアウトを作るうえで重要な要素となっています。部屋内に物が密集するとそれだけで息苦しくなり、そんな圧迫感を感じる職場では生産的な作業をすることはできません。空間に余白を導入することで開放的な雰囲気が演出でき、快適な職場であれば仕事もよりはかどることができるのです。よって機能的に物を配置することも大事ですが、余白スペースを生み出すことも配慮してレイアウトに取り組むことも大切なことです。

部屋内の余白スペース部分が70%という割合が標準的な数字となっており、70%以下になってしまうとその空間にいる人間は「狭い」と感じる傾向になっています。狭い空間ではとても良い気分で仕事をすることはできません。いかにレイアウトを工夫して余白部分を作り快適なオフィス空間を演出するかが、オフィスレイアウトの鍵なのです。

 

思いのままのレイアウトはNG!消防法への適合も考えて!

オフィスレイアウトはただ自分の好みでデスクなどを配置するだけでなく、「消防法」にそったレイアウトをしなくてはいけません。消防法とは地震や火事などの被害の防止、軽減するための法律です。例えばパーテーションを使用している部屋の場合、パーテーションは部屋の天井まで届く高さのものですが、その場合、消防署へ届けを提出しなくてはいけません。また火災が起きた際の逃走を配慮して、パーテーション外のスペースを1200〜1600mm確保しなくてはいけません。そしてパーテーションを設置して部屋を区切ると、部屋内ながら別の部屋としてみなされるので、火災感知器、スプリンクラーなどの消防設備を設置する必要があります。天井まであるパーテーションは火災が起きた際、十分な消火、排煙活動ができるか疑問視されているので、このような消防設備を整えなくてはいけません。部屋を区切るのに便利なパーテーションですが、使用するだけで、消防法にそったさまざま届け、準備が必要となるのです。