レイアウトにこだわる!オフィス移転の最新トレンドは?

レイアウトにこだわる!オフィス移転の最新トレンドは?

オフィスのレイアウトやデザインは、仕事に対するモチベーションを上げる大事な要素です。オフィスの雰囲気が仕事のクオリティを左右するといっても過言ではありません。企業の理念に沿うデザインのオフィスであれば気持ちを仕事モードに切り替えやすくなります。 また、効率的に仕事を進めるためにはデザイン性はもちろん、機能性の良さも考慮する必要があるといえるでしょう。ここでは自分の企業にぴったり合うオフィス作りの方法を最新のトレンドを取り入れながら紹介していきます。

素敵なオフィスを作るためにレイアウトからこだわろう

レイアウトをじっくり考えることは、すてきなオフィスを作るにあたって重要なポイントとなります。ワークスペースや会議室、社長室などをオフィス全体に割り振る「ゾーニング」という作業は快適なオフィスを作るための基本となる作業です。ゾーニングはスペース配分や動線、社員同士のコミュニケーションに大きな影響を与えます。仕事の効率を左右するため人や物がスムーズに動けるような配置を考える必要があるでしょう。また、社員の人数に適した広さのワークスペースがあるかどうかも確認しておかなければなりません。1人あたりの執務スペースが狭すぎれば窮屈に感じ広すぎれば落ち着かず社員間のコミュニケーションも取りにくくなると考えられます。デスクの形状やデスクごとに棚を設置するのかどうかなども考慮しながら社員にとって最適なスペースを割り出すようにしましょう。 そのほかにはデスクの配置にも気をくばる必要があります。デスクを向かい合わせに配置する対向式レイアウトは、一般的なオフィスの配置方法です。情報の連携がしやすく省スペース化も図れます。プライバシーも確保したいという場合は、背を向けて座る背面式レイアウトなどの採用も検討してみましょう。前に人がいないので集中力をアップさせることが期待できます。

コスト削減と機能性向上の両立が大切

レイアウトの工夫次第では、コストを削減するだけではなく機能性をアップさせることもできます。企業のなかには共用スペースや空いている席で自由に仕事ができる「フリーアドレス」を導入するところも増えてきている傾向です。社員ひとりひとりに固定したデスクを割り当てる必要がなくなるため省スペース化の実現と賃貸コストを抑えることができるでしょう。席を自由に変動できるのでコミュニケーションの活性化も期待できます。また、その日の業務に応じてデスクを囲むメンバーを替えるなど部署を超えたチームも編成しやすくなります。部門ごとに会議室を設けている場合、1カ所に集約するという方法を取り入れることも、賃貸コストの削減につながります。会議室を共有化すればオフィス全体に占める会議室の割合を減らすことが期待できるのです。応接室や倉庫、備品を保管するエリアなど集約できるスペースはほかにもあります。ムダなスペースをなくせばコストを削減したり機能性をアップさせたりするだけではなく管理や清掃にかける時間も短縮することができるのです。

最新トレンドのキーワードは「ワンフロア化」

オフィス移転のトレンドのなかでも主流となってきているのが「ワンフロア化」です。別々のフロアやビルに分散されていたオフィスをワンフロアにまとめると、いろいろなメリットがあります。まず、コミュニケーションの活性化が挙げられます。社員が同じフロアに集結することによって報告や連絡、相談などがスムーズに行われやすくなるのです。社員が電話やメールではなくリアルにコミュニケーションを取ることで職場のチームワークもより高まっていくでしょう。また、受付や会議室、応接室なども1カ所に集約できるので面積効率が良くデッドスペースが発生する心配もありません。スペースにゆとりが生まれることによって社員用のユーティリティや休憩スペースを広げられる可能性も出てきます。しかし広いフロアに同じようなデザインのデスクがたくさん並んでいると自分のデスクがどこにあるのか分かりにくいと感じる社員が出てくるケースも考えられます。その場合は部屋の柱ごとに違う色を塗ったり目印となるサインをつけたりするなどわかりやすくする工夫が必要となるでしょう。

オシャレでスタイリッシュなオフィスが人気

快適なオフィスを作るためには機能性だけではなくデザインもこだわりたいものです。オシャレでスタイリッシュなオフィスなら会社にいる時間が楽しくなったり新しいアイディアも浮かびやすくなったりすることが期待できます。企業を表現するものの1つであるコーポレートカラーをオフィスに取り入れれば企業のイメージをオフィスに反映させることができるでしょう。例えば「株式会社アクシス」は、白を基調とした空間にさりげなくコーポレートカラーの青を採用しています。会社のコンセプトを提示できるのはもちろん、配色を工夫することで清潔感やセンスの良さも感じさせることができるのです。「株式会社アソビズム」も自由でクリエイティブな企業理念をオフィスに反映させています。モダンなデザインのなかに「和」の空間をプラスするという先進的な発想はオフィスデザインの進化を感じさせます。オシャレでありながら畳や木材を使うことによって柔らかい印象を与えているのも魅力の1つです。居心地の良いスペースがあれば社員も気分転換がしやすくなり仕事への意欲がさらにアップすることも期待できるでしょう。

関連の記事



会社見学    エンゲージメント