オフィス家具の机の賢い選び方とは?

オフィス家具の机の賢い選び方とは?

 

オフィス移転を行う場合、オフィス家具を合わせて買い換えることも多いでしょう。オフィス家具選びの基本は、仕事がしやすいという基準で選ぶことですが、インテリアとしての視点を持って選ぶことも忘れてはいけません。オフィス家具の選び方によってオフィスの雰囲気はずいぶん変わります。よい雰囲気に変わることによって、従業員の作業効率の向上も期待できます。そこで、高級オフィス家具や、海外オフィス家具を購入する場合の選び方や注意点などについて紹介します。

 

ニーズの高まるブランドオフィス家具

デスクやチェアー、ラックなどのオフィス家具を選ぶ場合、一般的な事務機器メーカーが販売している家具から選択することが多いでしょう。機能性と低価格の両方を実現しているものも多く、コストパフォーマンスを考えると悪い選択ではありません。しかし、近年はオフィス環境の重要性に目を付ける経営者が増加しているといわれています。従業員にとって働きやすいオフィス環境を整えることがモチベーションアップに貢献し、作業効率が向上することにつながると考えられるからです。また、景気の状況を反映して、従業員採用の競争が激しくなっています。優秀な人材の確保は事業の発展に役立ちます。オフィス環境の整備は、優秀な人材を採用するにあたって有利に働くでしょう。オフィス環境の改善にはさまざまな方法があります。レイアウトの設計を工夫することで快適性を高めることができますし、リフレッシュコーナーの充実も有効な方法です。さらに、オフィス家具の選び方によってもオフィス環境を改善することができます。ブランドオフィス家具などを購入することによるオフィス環境の改善に注目が集まっています。オフィスの改善を検討している経営者はブランドオフィス家具を取り入れることも視野に入れることをおすすめします。

 

高級オフィス家具の選び方

高級オフィス家具を購入するためには、それなりのコストを支払う必要があります。いくらオフィス環境を改善するためといっても、その効果がよくわからなければ高級オフィス家具の導入は実現しにくいものです。「高級」といったときに、その定義はさまざまです。まず価格が高いことをもって高級とする考え方があります。さらに、耐久性が高い素材を活用していることや、高級に見える素材が使用されていることを指す場合もあるでしょう。しかし、高級品は単に、高い材料を使った高価格の家具というだけにとどまりません。高級オフィス家具を選ぶ場合には、その機能性に注目することがポイントとなります。高級品と呼ばれるオフィス家具は、見た目の高級さと同時に高い機能性を持っていることも多いです。機能性を追求した結果、オリジナル性がある高級感漂うデザインになることもあるのです。例えば、オフィスで使用するイスであれば、ロッキング機能に注目してみるとよいでしょう。高機能なものは背もたれが調整できることはもちろん、座面の部分も連動してスライドするようになっています。そういったイスはデザイン性も高くインテリアとしても一流の仕上がりになっているでしょう。高級オフィス家具選びは高機能に注目することをおすすめします。

 

高級ブランドのオフィス家具を選ぶときの注意点

海外メーカーなどの高級ブランドオフィス家具を選ぶ場合は注意すべき点もあります。ポイントは2つあります。1つ目はサイズです。海外メーカーの高級ブランドオフィス家具は、歴史があるものも多く、高い評価を得ているものはインテリアとしてのデザイン性と作業効率アップが期待できる高い機能性を備えています。そのため、外れの確率は低いでしょう。しかし、外国人の使用にフィットするようにデザインされている場合が多いため、日本人には大きすぎる可能性もあります。ラックなどを購入する場合はそれほど気にする必要はありませんが、デスクの高さやイスの調整域などは十分調べたうえで購入することが必要です。2つ目は、インテリア性を追求するあまり、機能性に劣るオフィス家具もありますので、機能性のチェックを怠らないことです。ほとんどイスに座ることがない社長が、威厳を示すために購入する場合は機能性が犠牲になってもそれほど問題になりませんが、従業員が日常業務に使用する場合は、機能性は譲れません。オフィス環境の改善を狙って高級オフィス家具を導入したら、使いにくく作業効率が落ちて本末転倒になったということにならないように気をつけましょう。

 

まとめ

オフィスは、会社の利益を上げる源泉の1つです。ただ机とイスを揃えればよいというものではないでしょう。良好な作業環境を整えることは、利益向上につながるだけでなく優秀な人材確保にも役立ちます。オフィス移転などの際にオフィス家具を購入する場合は、海外メーカーなどの高級オフィス家具の購入を視野に入れて検討してみましょう。機能性の高さだけでなく、インテリアとしても一級品のオフィス家具を見つけられる可能性があります。経営者として従業員のモチベーションアップと作業効率向上を狙うのであれば、高級オフィス家具の導入はおすすめです。サイズが合うか、インテリア性はよいが機能性が劣っていないかといった点に注意してオフィス選びをすることが大切です。