来客・面接・社内会議のシチュエーション

来客・面接・社内会議のシチュエーションをデザイン面で支えるオフィス会議室

オフィスデザインをする場合には、会議室のデザインも重要になります。単に利用人数から必要な床面積を確保して会議室用のデスクとイスを置けば完了というわけにはいきません。会社の中ではさまざまな目的の会議が行われますが、会議室の良し悪しで会議中の議論の深さが変化したり、会議に参加している人の意識が変わったりすることがあります。そのため、会議室デザインは重要なのです。そこで、会議室デザインを行うにあたってのポイントをご紹介します。

 

リラックスできるデザインが会議を充実させる

会議室デザインのポイントの1つ目はリラックスできるデザインにすることです。リラックスできる空間内にいる場合、人は緊張を強いられることはありません。緊張をすることによって一定の集中力を発揮したり神経が研ぎ澄まされたりする場合もありますが、リラックスができていなければ自由な発想が生まれにくくなるといわれています。リラックスできる会議室で議論をすることによって、自由な意見交換ができるようになりコミュニケーションが活発になるだけでなく、柔軟で斬新な発想が生まれやすくなることが期待できるでしょう。会議といってもさまざまな種類がありますが、単なる情報共有目的の会議の場合はリラックスはそれほど重要ではありません。しかし、新規事業を成功させるアイデアを考える、イベントを成功させるための工夫を考えるなどの目的で会議を行う場合は、参加者がいかにリラックスできているかどうかで会議の成果は変わるでしょう。せっかくオフィス移転などの機会に会議室を作り変える機会を得たのであれば、家具や色、デスクやイスの配置などを工夫してリラックスできる会議室を目指しましょう。

 

会社のコンセプトを活かした会議室作り

会議室デザインのポイントの2つ目は会社のコンセプトを活かした会議室デザインにすることです。会社のコンセプトというとわかりにくいかもしれませんが、会社として「こうありたい」と考えている会社像のことだと理解すればよいでしょう。例えば、「わが社は最新のテクノロジーを使ったサービスで日本の家庭を幸せにする」というコンセプトの会社があった場合は、家庭的な温かみを感じさせる要素と最新のテクノロジーの要素を両方取り入れて会議室のデザインを行うということです。会社のコンセプトが反映されている会議室にデザインするメリットは2つあります。1つは、会議室を利用する従業員に対して自然にコンセプトの共有が図れることです。コンセプトが反映された空間に身を置くことによってコンセプトを感じ、理解することにつながるでしょう。もう1つは外部からの来訪者に会社のコンセプトを理解してもらうために役立つことです。会議室は、来訪者向けのプレゼンや採用面接で使うこともあります。そういった社外の人が会議室で会社のコンセプトを自然に感じられるようになることは企業イメージの浸透などのプラス効果が期待できるでしょう。

 

落ち着いた雰囲気の会議室にするためのポイント

会議室デザインの3つ目のポイントは、落ち着いた雰囲気の会議室にすることです。落ち着いた雰囲気にするためには、デスクやイスなどの質とともに、会議室インテリアの色調も重要になります。落ち着くというとクールダウンをイメージして寒色系の色を使用したくなるものですが、人によっては寒色系の色が不安を感じさせるという場合もあるでしょう。精神的に落ち着けるという意味で寒色系にこだわらずに考えてみることをおすすめします。落ち着いた会議室をデザインするメリットは2つあります。1つは、落ち着いた雰囲気の会議で会議をすることで、参加者の気持ちも落ち着くことが期待できます。心が落ち着いていると集中もしやすくなりますし、頭の回転も良くなることにつながるといわれています。その結果、会議の成果が出やすくなることが期待できるでしょう。もう1つは社外の人に対する印象です。会議室が落ち着いた雰囲気になっていることによって、社外の来訪者はその会社に対して無意識に「信頼できる会社だ」と感じる可能性があります。落ち着いた雰囲気の会議室にするメリットは大きいですので、会議室デザインをする場合は考慮することをおすすめします。

 

会社のブランディングとしての会議室

会議室デザインのポイントの4つ目は会社のブランディングツールとしての会議室です。会議室は会議をするためのスペースで、より成果が上がりやすい会議室になるように工夫することは大切でしょう。しかし、会議室にはもう1つ役割を付け加えることができます。それがブランディングです。外部からの来訪者が会議室に通されて過ごしている間、その来訪者にとっては会議室はその会社の印象を判断する貴重な材料となります。つまり、会議室は来訪者からじっくり観察されているのです。そう考えると、企業イメージのプラスになるような会議室デザインにすることで、来訪者の会社に対するイメージは良くなることが十分期待できるでしょう。会議室を使って企業イメージを改善する、つまり企業ブランディングを行うことができるということを理解しておくことが大切です。会社のコンセプトが明確にわかるという点も大切ですが、ブランドイメージを高めるためにはコンセプトだけでなく、企業が持っている技術力の高さなどより具体的なイメージが感じられる要素をデザインの中に取り入れるなどの工夫をするとよいでしょう。