従業員満足度を向上させるために改善すべき意外な備品とは?

従業員満足度を向上させるために改善すべき意外な備品とは?

従業員の満足度を向上させるためには、まずは従業員が何に対して不満を持っているかを知ることが大事です。
そんななか2016年9月29日、マンパワーグループ株式会社は「オフィス環境(仕事道具や備品)における満足度の調査」の調査結果を自社サイトで発表しました。 経営者の皆様はぜひ参考にしてみてください。

 

顧客満足度(CS)と従業員満足度(ES)の関係性

会社の業績を上げるためには、顧客満足度(CS)を上げることが重要であることは今も昔も変わりありません。
しかし近年では、従業員の会社に対する満足度(ES)が顧客満足度に大きな影響を与えることがいくつもの研究から分かっており、「従業員満足度(ES)調査」という従業員を対象にしたアンケート調査も多くの企業で実施されるようになってきました。
もちろん従業員の満足度を左右する要素はたくさんあるわけなのですが、今回はそのなかから「仕事道具・備品」に着目してみましょう。

 

3割の従業員が仕事道具や備品に不満を持っている

今回の調査概要と調査結果は、以下の通りです。

〇調査概要
調査時期:2016年6月
調査対象:20~59歳で勤続年数1年以上の正社員の男女
有効回答:400人

Q. 現在職場で使用しているパソコンなどの仕事道具や備品に満足していますか?
とても満足:12.3%
どちらかと言えば満足:58.0%
どちらかと言えば不満:23.8%
とても不満:6.0%

現在、職場で使用している仕事道具や備品に対する満足度については、「とても満足」「どちらかと言えば満足」が合計で約7割と多かったものの、約3割が不満に思っているようです。 仕事道具や備品を含めたオフィス環境に対する満足度は、従業員の仕事に対するモチベーションや業務効率に直結すると言っても過言ではありません。
オフィス環境を常に確認し、必要に応じて整備・改善していくことは、経営者の大事な仕事のひとつといえるでしょう。

 

従業員が不満を感じている意外な備品とは?

Q. 職場の仕事道具や備品について不満に感じているものがあればお選びください。(複数回答可)
休憩用の備品(冷蔵庫、お湯ポット、オフィス設置型のドリンク・お菓子 など):39.3%
自分専用の電子機器(パソコン、スマートフォン・携帯電話 など):35.3%
自席用の備品(机・椅子):21.8%
共用の電子機器(コピー機、FAX など):16.8%
その他事務用品(ホッチキス、はさみ、ファイル、ガムテープ など):12.8%
会議用の備品(ホワイトボード、プロジェクター など):9.0%
その他:0.5%
不満に感じているものは特にない:8.0%

具体的に不満に感じている仕事道具や備品については、「休憩用の備品」が39.3%でトップとなりました。
休憩用の備品は顧客の目に入らず売り上げに直結するものではないので、見落としてしまっている企業も多いのではないでしょうか?
しかし、事実としてそういったところに不満を感じている従業員が数多くいるのです。
従業員にとっては、休憩時間を備品の利便性が悪いせいで有意義に過ごせないことが、一番のストレスといえるのかもしれません。

経営者の皆様は今回の調査結果を参考に、従業員満足度向上のために休憩用備品のグレードアップを検討してみてはいかがでしょうか?

関連の記事



会社見学    エンゲージメント