デザイナーズオフィスにはどんな特徴がある?

デザイナーズオフィスにはどんな特徴がある?

毎日通うオフィスですから、面白みを感じられない「普通のオフィス」よりも、いるだけで楽しくなれるような、「エンターテインメント性に富んだオフィス」や、「高級感あふれるオフィス」、「自慢できるオフィス」がいい、と思う方も多いでしょう。そんな希望を叶えてくれるデザイナーズオフィスについて考えてみましょう。

 

 

近年人気のデザイナーズオフィス

デザイナーズオフィスとは、有名なデザイナーなどがデザインしたおしゃれなオフィス全般を指す言葉です。
特に満たすべき明確な条件などがあるわけではなく、外装や内装にデザイナーや企業のこだわりが見てとれて、多くの方が魅力的だと感じるようなデザイン性の高いオフィスに対して、「デザイナーズオフィス」という名称が使われます。
デザイナーズオフィスは、訪問者の好感度を高め、印象に残させるというメリットがあります。
さらに、社員に対しても、会社の理念や取り扱い商材を取り入れた居心地のよいオフィスを作ることで、会社への所属感や働くモチベーションを高める効果が期待できます。
これらのメリットについてもう少し細かく見ていきましょう。

 

デザイナーズオフィスのメリット

デザイナーズオフィスのメリットは、大きく「対外向け」と「社内向け」の2点に分類できます。
対外向けには、企業アピールになり、ブランディングにもつなげることができます。社内の様子をホームページなどで公開することでも、取引先や求職者への訴求力を高められるでしょう。
また、社内向けには、社員のモチベーションを高め、ポジティブで、「楽しみながら、居心地よく働く」などといった充実した時間を提供できるようになります。こうしたことは、アイデア出しや仕事の生産性の向上にも役立つでしょう。

 

 

デザイナーズオフィスを選ぶときの注意点

デザイナーズオフィスを新たに借りて移転したいという場合は、「デザイナーズオフィスであればどこでもいい」などと考えず、自社に合った物件を選びましょう。
通常のオフィスに求められる、「立地」、「広さ」、「環境」、「賃料」などについて検討するのはもちろんですが、どのようなデザインにしたいのかについても、ある程度意見を固めてから探す必要があります。
広い窓がある近代的な物件にしたいのか、木のぬくもりを感じられる温かい物件がいいのか、それとも、ホテルライクでラグジュアリーなオフィスを求めているのか。こうした希望によって、選ぶべき物件は変わってきます。
不動産会社に希望を伝えて、それに合う物件をピックアップしてもらいましょう。

 

 

リノベーションする方法も

デザイナーズオフィスは人気が高いことから、なかなか希望通りの物件が見つからないこともあります。そのようなときにおすすめなのが、「現在のオフィスをリノベーションしてデザイナーズオフィスにする」という方法です。
リノベーションをすることで、自社のコーポレートイメージにぴったりなデザインを実現することも可能です。オフィス全体のテーマ統一や、取り入れたいアイテムなども、自由に取り入れることができるでしょう。
ただし、こうしたリノベーションは、管理会社に相談の上で行う必要があります。また、工期やデザインなどをデザイン会社と相談して、通常業務と並行して進めていかなければなりません。
実施を検討している場合は、早めに専門家に相談しましょう。

 

 

まとめ

デザイナーズオフィスは、対外的にも社内的にもメリットを発揮し得ります。自社に合った物件を探したり、現在のオフィスをリノベーションすることで、オフィスデザインを見直してみてはいかがでしょうか。デザイン性が高く魅力的なオフィスを作ることで、業務効率の向上やイメージアップを実現しましょう。

関連の記事



会社見学    エンゲージメント