目黒周辺のオフィス移転情報

これまでビジネスの街として人気であった渋谷や恵比寿から抜け出し、新しいエリアを探しているのなら、目黒周辺がおすすめです。駅前の開発が進み、高層オフィスビルが建築されていることから、これからビジネスの街としての活躍に注目が集まっているエリアです。目黒は鉄道の主要4社が乗り入れているのでアクセスにも便利で、ビジネスを行うには最適な場所であるといえます。ここでは、新しいビジネスエリアとしての目黒周辺について紹介します。

 

目黒周辺の交通アクセス・ビジネス環境

目黒駅には、JR山手線や目黒駅が起点となる東急目黒線、東京メトロの南北線、都営地下鉄の三田線の4社4路線が乗り入れ、接続駅として機能しています。さらに、目黒周辺には東京メトロ日比谷線の中目黒駅もあり、都心や横浜方面からの移動に便利です。平成27年の東京都統計年鑑によると、目黒駅の1日の平均乗車人数は4社合わせて336,109人で、常に人の流れの多いエリアであるといえます。というのも、駅の地上にはJRアトレビルの商業エリアのアトレ目黒があり、ショッピングセンターを兼ね備えた複合商業施設として多くの人が訪れているのです。これまでは住宅地としての印象が強かった目黒エリアですが、北側には高級住宅地が立ち並ぶものの目黒川方面に商業施設が目立つようになり、ビジネスエリアとしても活発な動きを見せています。中目黒にも大型のオフィスビルを備えた中目黒ゲートタウンが登場し、ビジネスの街として注目が集まります。そのため、貸し会議スペースなどもみられるようになり、目黒駅徒歩1分の好立地にも個室タイプのレンタルスペースなどがあります。ビジネスの街として動き出している目黒エリアでは、貸し会議室のようなビジネス目的の施設がさらに増えてくると予想されています。
引用元: ウィキペディア

 

目黒周辺の街の特徴・飲食店情報など

目黒エリアは大きく4つに分かれ、山手線の内側で目黒通りの南側に花房山エリアがあります。北側には昔ながらの高級住宅地である落ち着いた長者丸エリア、山手線の外側には生活機能としての権之助坂商店街があり、住宅エリアとしてバランス良く栄えてきました。さらに、目黒川方面には目黒雅叙園がランドマークの複合施設として人気を集めています。目黒川は桜の名所として知られ、川沿いはジョギングや散歩も楽しめるゆったりした景観が広がります。ドイツ人学校やインターナショナルスクールもあり、外国人が多い街としても知られています。目黒エリアには飲食店も多く、良心的な価格でランチが楽しめると評判です。なかでも「ビーフキッチン」ではワンコインの500円で牛すじカレーがあり、人気のホルモン定食も900円とお財布に優しいのが魅力です。中目黒はラーメン激戦区としても有名で、「むら田」では昔ながらの中華そばが味わえます。素朴な味が人気で訪れるたびにほっとできるお店です。お昼からしっかりお肉を食べてスタミナをつけたいときには「タヴァーン」がいいでしょう。1000円のメニューでも絶品ステーキとパンの食べ放題があり、お財布もお腹も満たされます。

 

目黒周辺の有名なオフィスビル

これまで渋谷や恵比寿と比べても住居エリアとして存在していた目黒周辺は、再開発によってオフィスエリアへと生まれ変わり始めています。駅周辺には高層オフィスビルの建設が進み、これからもますますビジネスエリアとして活躍が期待されています。すでに開発されているエリアとして、中目黒のゲートタウンは地上25階の中目黒のランドマークとして人気で、高層タワーマンションである「GTハイツ」と「GTテラス」、オフィスの入る「GTタワー」の3つの建物で構成され、GTテラスの下には中目黒図書館まで入っています。ショップやレストランまで充実していることから、多くの人が利用できる、機能性を兼ね備えたオフィスビルであるといえます。進行中の再開発では、黒駅前地区第一種市街地再開発事業が挙げられます。目黒通り沿いのオフィスビルは2017年に竣工予定であり、高さ約140m級の建物には注目が集まっています。オフィスビルは27階建で、住居としてのツインタワーは販売4カ月で661戸が全戸完売するほどの人気ぶりです。これらが完成すれば目黒のイメージアップにつながる建物になると考えられ、4社の乗り入れる駅に直結したオフィスビルとしてその機能は十分に期待できます。

 

まとめ

目黒エリアはこれまでの住宅地エリアとしてのイメージから、再開発をきっかけとして大きく変化を遂げようとしています。すでに開発の進んでいる中目黒ゲートタウンがビジネスの街として機能していることから、目黒駅周辺での開発にも期待できます。タワーマンションを兼ね備え、目黒駅という4社が乗り入れるアクセスにも恵まれた駅に直結することからも、目黒はこれからビジネスの街として活発化するといえるでしょう。現在では、渋谷や恵比寿での物件不足から新しい目黒に流れる傾向も目立ち、これからますます注目を集め、ビジネスとしての利用が増えると期待されています。目黒はビジネスの分野では新しいエリアでありながらも人の流れも多いので、ますます発展していくでしょう。