秋葉原周辺のオフィス移転情報

秋葉原はアニメ文化などのサブカルチャーをイメージする人もいるでしょう。年代によっては電気店街のイメージが強い人もいるかもしれません。秋葉原の名前を知っている人は多いですから、ブランドバリューはある街といえるでしょう。また、超高層オフィスビルなどが建つようになり、ビジネスの拠点としても注目されています。そこで、秋葉原周辺の交通利便性や貸会議室の有無、街の特徴、ランチができる飲食店、さらには有名なオフィスビルなどについて紹介します。

 

秋葉原周辺の交通アクセス・ビジネス環境

秋葉原は電気街としてやアニメ文化の発信地などで有名で、世界中からの観光客が多く訪れますが、ビジネスに関しても利便性を備えている街です。乗り入れ路線としては、まずJR秋葉原駅に山手線、総武線、中央線、そして京浜東北線が乗り入れています。また、首都圏新都市鉄道つくばエクスプレスの始発駅である秋葉原駅もあります。地下鉄では、東京メトロ日比谷線が秋葉原駅に、東京メトロ銀座線が末広駅に乗り入れています。東京メトロ銀座線神田駅や都営地下鉄新宿線の岩本町駅も、秋葉原から近い位置にあります。ビジネス用途でも使われることが多い街ですので、貸会議室もたくさんあります。大人数を収容できるホールまであるものとしては、JR秋葉原駅から徒歩4分にあるTKPガーデンシティPREMIUM秋葉原が挙げられます。築浅ですので会議室の装備も新しくグレードも高いという特徴があります。最大420名の大会議室を筆頭に、大小さまざまなサイズの貸会議室が選択できます。また、秋葉原UDXカンファレンスはJR秋葉原駅の目の前にあり、駅直結で利便性が高い場所にあります。最大収容人数400名の大会議室があり、最低10名の会議室まで揃っています。ビル内にコンビニやレストランも併設されている点が特徴です。

 

秋葉原周辺の街の特徴・飲食店情報など

秋葉原は、古くは無線用の部品やパソコン部品などを売る電気店が軒を並べる電気街、その後はアニメや同人誌、鉄道模型、アイドルなどのサブカルチャーの聖地として有名になりました。また、日本文化の発祥の地のひとつということもあり、世界中から多くの観光客が訪れる街でもあります。中央通りは歩行者天国になりますので、開放的な雰囲気もある街といえます。さらに、ビジネス街という顔ももっていますので、ランチができる飲食店なども多いです。オフィスビルとして紹介した秋葉原UDXは複合施設でもありますので、飲食店も多数出店しています。なかでも須田町食堂秋葉原UDX店は、オムライスなどが有名な老舗の洋食屋で、ビル内でランチが済ませられる点が魅力です。ハヤシライスやハンバーグステーキも味わえます。また、ランチで肉を食べたいということであれば、秋葉原センタービルの1階に位置するHERO’Sステーキハウス秋葉原店がおすすめです。ハンバーグランチやステーキランチが千円以内で食べられます。さらに、イタリアンのランチにしたいときは、大協ビルの2階にあるイタリアンレストラン・カーサ・ディ・シバタが人気といわれていますので、利用してみるといいでしょう。ペペロンチーノランチなどが千円程度で食べられます。

 

秋葉原周辺の有名なオフィスビル

秋葉原には高層のオフィスビルなど、多数のオフィスビルがあります。そのうち、有名な3つについて紹介します。ひとつ目は秋葉原ダイビルです。竣工は2005年で、地上31階、延べ面積約5万平方メートルの超高層オフィスビルです。アクセスはJR秋葉原駅徒歩1分で、駅直結である点が特徴です。地上16階以上部分が賃貸オフィスになっています。5階にはカンファレンスフロアがあります。2つ目は高層オフィスビルの秋葉原UDXです。こちらもJR秋葉原駅からすぐのところにあり、秋葉原ダイビルとは通称アキバ・ブリッジと呼ばれる歩行者通路でつながっています。建築面積が広く、地上22階とダイビルよりは低いですが、延べ床面積は16万平方メートル超を誇る大規模オフィスビルです。敷地の一部が公開空地として開放されていますので敷地内は余裕を感じることができます。ビル南側に大型ビジョンが設置されている点も特徴です。3つ目は住友不動産秋葉原ビルです。JR秋葉原駅から徒歩3分の距離にあるオフィスビルで地上19階、延べ床面積は3万平方メートルを超える規模のビルです。竣工は2009年と比較的新しく、整形無柱空間を実現している点が特徴です。大型イベントホールも併設されています。

 

まとめ

秋葉原をビジネスの観点でみたときに、まず挙げられるメリットは交通利便性の高さでしょう。乗り入れ路線が多いですので取引先に来訪してもらう際にも便利ですし、営業に行く場合も効率的に移動できるはずです。従業員の通勤にも便利でしょう。秋葉原は、アニメなどサブカルチャー文化発祥の地、今でも名残を残す電気店街、そして外国人が多数訪れる観光地といったさまざまな面を持つ活気あふれる街です。そのため、従業員にとってそういった活気が新たな刺激となり、モチベーションアップにつながる可能性もあります。超高層オフィスビルをはじめ、ビジネスをする場所としての環境も整っています。オフィスの移転先として秋葉原を候補に入れて検討することをおすすめします。

関連の記事



会社見学    エンゲージメント