パブリックスペース・休憩室のデザイン・施工事例

パブリックスペース・休憩室のデザイン・施工事例

 

 

パブリックスペース・休憩室のデザイン・施工実績事例

オフィスに休憩できる空間があれば、仕事の合間に気分転換することができます。仕事で疲れた頭をリフレッシュできれば、新たなアイデアが生まれることも…。また、通常業務では話す機会がないスタッフとも接することができるため、社内のコミュニケーション活性化にもつながります。

休憩室の基本は、スタッフが気兼ねなく集まりやすい場所であること。そして、誰でもリラックスすることができ、自由度が高い場であることです。ユニオンテックでは、こうした要素を踏まえながら、クライアント様のご要望に合わせて、御社に適したスペースをご提案いたします。

ポイント

人が集まる空間には、アイデアも集まる

気分転換できる場は、様々な情報交換の場でもあります。何気ないコミュニケーションから、ビジネスのヒントが生まれたり、魅力的なアイデアが浮かんだりした経験はありませんか?

スタッフが自由に情報交換できるよう、休憩室にホワイトボードやプロジェクター、パソコンなどを用意する企業も増えています。こうした設備が整っているスペースは、少人数でのブレーンストーミングなどにも最適です。

 

安全性が求められるパブリックスペース

誰もが使うパブリックスペースは、来訪されるお客様のことも考えて設計しなければなりません。利便性や快適さを追求するとともに、災害時などに備え、安全性を確保することも必要です。

また、パブリックスペースは仕事から少し離れられる空間でもあります。ワークスペースとは違ったデザインを盛り込むなど、スタッフがリラックスできるように工夫することも大切です。