社員食堂が「採用」や「働き方」に好影響! メリットだらけの最強の福利厚生の可能性に迫る!!

オフィスに社員食堂は設置すべき? その答えをここで見つけてください!

経営者の皆様のなかには、オフィス内に新しく社員食堂を設置しようか悩んでいる最中の方もいるのではないでしょうか?

社員食堂とは企業が所有する福利厚生施設のことで、特に広いフロアを所有する大企業のオフィスによく見られますが、大企業のように広大なオフィススペースがなくても、社員食堂ないしはそれに類する空間を設ける方法も出てきました。

ここではオフィスで働くワーカーたちの社員食堂に関するアンケート結果や、最近のトレンドを基に、設置のためのアイデアや判断材料となるような情報を紹介します。

 

○アンケート1

以下は、『株式会社ネオマーケティング』がアンケートサイト『アイリサーチ』で実施した「社員食堂に関する調査」のレポートです。まずは結果をご覧ください。

「Q.あなたが社員食堂を利用する理由をお答えください」(複数回答)【n=452】_(1)

 

「Q.あなたは自分自身で料理をしてお弁当を持参したことがあるかをお答えください」(単数回答)【n=600】_(2)

・1回のみある(4.8%)
・複数回ある(55.2%)
・1度もない(40.0%)

しかし、「複数回ある」と回答した人を男女別に分けると、女性が74.3%、男性が36.0%と大きく差が開いており、男性の58.0%は「1度もない」と回答しました。

 

○アンケート2

以下は人材サービス会社『マンパワーグループ株式会社』が2015年3月に行った、福利厚生に関する調査結果です。
(複数回答可)・有効回答972人)

「Q.会社の福利厚生として良いと思うものは何ですか?」_(3)

1位「住宅手当・家賃補助」 48.3%の
2位「食堂・昼食補助」 33.9%

 

「Q.これまでに勤務した会社において、実際にあった福利厚生でよかったと思うものはなんですか?」_(4)

1位「食堂・昼食補助」 17.1%
2位「住宅手当・家賃補助」 16.7%

 

社員食堂のニーズ

(3)・(4)のアンケートからわかるのは、社員食堂が「従業員からの需要も高く、満足度も最高を示した」ということです。

社員食堂を利用する理由について訊いたところ「値段が安いから」(67.0%)が最も多く、次いで「外で食べるのが面倒だから」(33.0%)、「外に買いに行くのが面倒だから」(31.6%)、「料理がすぐに出るから」(20.4%)となりました。

(1)を見る限り、従業員にとって社員食堂の最大の魅力は、その安さにあるようです。ただ、2位〜4位の理由を見れば、忙しいワーカーの時間の無さを補う役割も果たしていることもわかります。

仮に社内に「弁当を持参する従業員が多い」もしくは「女性従業員が多い」という企業は、たとえ社員食堂がなくても、食事ができるスペースを用意するだけでも従業員満足度(ES)の向上に繋がるかもしれません。

 

社員食堂を導入するメリット

会社が社員食堂を設置することで得られる大きな効果として期待できるのは下記の3つになります。この3つに共通するのは、「人(=社員)を大切にしたい」という企業姿勢です。

・採用促進と人材定着
・社員の健康維持
・社内コミュニケーション

今後、日本の労働人口は減少の一途を辿ることは確実で、その中で厳しい競争を強いられていくわけですから、「優秀な人材は一人でも多く採用したいし、少しでも長く働いてほしい」というのが、雇用する側の意向になります。

福利厚生の充実により、従業員のエンゲージメントを向上させたいという意図も、その背景にはあるでしょう。

では、上記3項目について詳しく見ていきましょう。

※エンゲージメントとは、端的に言えば従業員の『「I Love Company」度合い』を数値化したものになります。詳しくは以下をご覧ください。

採用促進と人材定着

「Q.会社の福利厚生として良いと思うものは何ですか?」

2位「食堂・昼食補助」 33.9%
(1位は住宅手当・家賃補助)

 

「Q.これまでに勤務した会社において、実際にあった福利厚生でよかったと思うものはなんですか?」

1位「食堂・昼食補助」 17.1%

社員食堂をつくることは、もはや採用ブランディングの一環とも言い換えられます。社員食堂に対するニーズや満足度合いは上述アンケート結果の通りです。入職希望者へのオフィス環境のアピールにおいて、抜群の武器となるでしょう。

社員の健康維持

近年では『株式会社タニタ』の社食メニューがレシピ本としてベストセラーになったこともあり、低カロリーメニューを導入するなど、健康志向が高まっている傾向にあります。

「健康寿命」という言葉はご存知でしょうか? 支援や介護など受けず、自立して活動的に過ごすことができる期間をそのように言いますが、その平均が男性で70歳、女性で73歳程度となっています。

しかし、これを大幅に縮め得る可能性があるのが、高血圧や糖尿病、心臓病、脳卒中などの生活習慣病です。その予防には日ごろからの規則正しい食生活もが必要ということは、説明するまでもなく存じていることでしょう(他にも運動などの努力も必要です)。

パフォーマンスという意味においても、食事に注目して良いでしょう。プロスポーツをはじめ、アスリートの世界においては、食事に栄養学を取り入れ、より良いパフォーマンスを発揮するために努めることが常識的になってきました。

スポーツの世界では瞬発系・持久力系などそれぞれに適した食事量、カロリーを摂ることで、改善を図ろうとしていますが、アスリートほどストイックになる必要はないものの、基本的には会社員であっても午後のパフォーマンスを高めるという意味では必要な考え方です。

社内コミュニケーション

社員食堂があれば、部署も異なり、普段はまず会話することもないような同僚、上司、後輩とも膝をつき合わせ機会も増えます。社員間の関係性が密になることはもはや必然とも言えます。

会社として期待できるのが、社員食堂が「イノベーションを起こす空間」になり得るということです。普段、部署も仕事内容も違う仲間から、新しい視点でのアイデアをもらえることで、企業として抱える課題の解決に結びつく可能性を秘めています。

また、社内コミュニケーションの活性化に有効なオフィス環境づくりは、社内食堂に限った話ではありません。他にもリフレッシュスペース(休憩室)を設置したり(リフレッシュスペースのメリットや事例はコチラで紹介しています)、立ち話や軽めの打ち合わせができるような多目的に使えるテーブルなどを置くことも効果的です。

社員食堂の導入方法

社員食堂の導入・運用には以下のような方法があります。

・直営方式
調理師や栄養士などのスタッフを会社が雇用して、運用する方法

・準直営方式
社員食堂を運用する業務を行う会社を新たに設立して、運営・管理させる方法

・外部委託方式
調理・配膳などを他社に委託して運用する方法

・お弁当提供方式
社員食堂とは少し意味が異なりますが、外部に弁当を注文するという方法
(オフィスに厨房や流し台をつくることが難しくても、これならば飲食スペースを確保するだけで導入可能)

UT SPACEの飲食空間のデザイン・施工実績

UT SPACEでは、オフィスだけでなく飲食店も多数の案件をつくり上げてきました。和洋中、大型のレストラン、小規模の飲食店など、ジャンルを問わず手がけています。

したがって、オフィスの社員食堂も難なくつくり上げることが可能です。以下では、その一部を紹介します。

UT SHOP事例・実績:葉山珈琲みらい平店 様

UT SPACE事例・実績:Café Lounge COLON 様

UT SHOP事例・実績:La VASARA -CAFE & GRILL- 浅草店 様

UT SPACE事例・実績:中国旬菜SORA 様

UT SHOP事例・実績:焼肉レストラン 安楽亭 足立加平店 様

社員食堂の設置で企業の魅力アップを図ろう

社員食堂はただ「食事を提供する場」としてだけでなく、休憩室や談話室、さらには社内行事の会場としても使える使い勝手の良い空間です。

もし女性の従業員を増やしたいのであれば、思い切ってオフィス内にオシャレな社員食堂を造るようにすると、求人の応募数が増えるかもしれません。経営者様は今回の調査結果を参考に、社員食堂の設置を検討してみてはいかがでしょうか?

 


ユニオンテックのUT SPACEでは、綿密なヒアリングを通じてオフィスの現状、オフィスに対するご要望を踏まえた上で、オフィスデザインや空間全体の雰囲気に“御社の想い”を反映していきます。

「どのようなエントランスがいいのか、具体的にイメージがわかない…」というクライアント様もお気軽にご相談ください。これまで数多くのオフィスデザインを手掛けてきた経験と実績をもとに、具体的なアイデアやデザインをご提案させていただきます。

 

お問い合わせCTRオフィス空間のコンセプトも、デザインも、機能性も、予算もご相談ください。

関連の記事



会社見学    エンゲージメント