オフィス(事務所)のゾーニングの仕方がわからないときは?

オフィス(事務所)のゾーニングの仕方がわからないときは?

オフィスを新しく開設するときやオフィス移転する際には、どこに何を配置するのか、オフィス内のレイアウトを考える必要があります。オフィスの規模が大きくなればなるほど、エントランスや休憩室、社長室など、定めるべき場所は増えていきます。こうした振り分けは、一体どのように行うのがよいのでしょうか。ゾーニングの重要性とその方法についてご説明します。

そもそもゾーニングとは?

オフィスに必要なのは、執務エリアだけではありません。会議を行うための会議室や、来客者のための応接室、従業員が快適に過ごすための給湯室や休憩室などは、多くの企業で必要となるものでしょう。

こうした複数のエリアについて、どのくらいの広さを確保するのか、また、どのように配置し、各エリア間のアクセス経路はどうするのか、といったことを考えるのが「ゾーニング」です。それぞれのエリア内部で、机や椅子をどこに配置し、どのように通路を確保するのか、といった点もゾーニングに含まれます。

ゾーニングを適当に行ってしまうと、動線が悪くなることで社内の業務効率が低下したり、来客者の印象を悪くしたりしてしまいます。社内の働きやすさや印象を大きく左右することになるため、ゾーニングは慎重に行いましょう。

ゾーニングの基本的な考え方

幼い子供のころに、「理想のおうち」を考えたことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。「お姉ちゃんと隣の部屋がいい」といった計画も、実は「ゾーニング」のひとつと言えます。 なぜ「隣がいい」と思ったのかということを考えてみると、そこには必ず「一緒に遊びたい」「夜ひとりだと怖い」などといった理由があるはずです。このように理由を考慮し、部屋の割り振りをしていくのが「ゾーニング」なのです。

オフィスのゾーニングとなると難しく考えてしまいがちですが、ゾーニングはあくまでも「働きやすいオフィス」を作るためのものです。一体どのような配置にすれば働きやすいのかを考え、ポイントを洗い出していくことで、自然と方向性が見えてくるのではないでしょうか。

どうやってゾーニングするのか

広いスペースを区切って、休憩室や執務室、応接室などを作る場合は、まず、壁の造作を行う必要があります。このような場合は、壁の厚みや扉の作り方などについて、工事業者や設計士と連携を取りながら決めていくことになります。執務スペース内のゾーニングだけを検討する場合や、いくつかの部屋をどのように割り振るかについて考える場合は、大がかりな工事は不要でしょう。

また、ひとつの部屋の中であっても、パーテーションを使ったり、床の色を変えるなどして、簡単なゾーニングを行うことが可能です。

ゾーニングの方法にはいろいろなものがありますから、状況に応じて利用してみてください。

オフィスのレイアウト会社に依頼するのもおすすめ!

ゾーニングは、通路の広さや扉の配置といった観点から、消防法なども関係してくる可能性があるものです。専門知識のない方がいちから自分で行うのは非常に困難です。

また、ゾーニングはオフィスの設備類とも密接に関わりますので、一度決めてしまうとなかなか変更が利かなくなってしまいます。動きやすい通路の広さはどのくらいなのか、背の高い什器はどこに置けばいいのかなど、ゾーニングについてのノウハウを持った専門家に依頼して、希望を伝えながら一緒に作っていくのが、安心で確実と言えるでしょう。

まとめ

ゾーニングはオフィスの印象や働きやすさを決定づけるポイントになるものです。壁を造作する場合はもちろんそうでない場合でも、後から簡単に変更することができないため、最初から慎重に行うようにしてください。業務内容や働き方、それぞれのエリアの用途などについて検討を重ねて、働きやすいオフィスを目指しましょう。

関連の記事



会社見学    エンゲージメント