オフィスの顔・受付のオフィスデザインは来訪者のイメージアップを意識する!

オフィスの顔・受付のオフィスデザインは来訪者のイメージアップを意識する!

オフィスにとって受付は、企業の顔ともいえる重要なスペースです。受付をどんなものにするかで企業の印象が左右されるといっても過言ではありません。自分のオフィスに合った受付はどうすべきでしょうか。さまざまな視点から探ってみましょう。

来訪者のイメージは受付でほぼ決まる!

来訪者がオフィスを訪れたときに、最初にアプローチする場所が受付です。来訪者の多くは、そこで受けるイメージから企業全体の印象として繋げていきます。特に初めての訪問の場合は、どんな企業なのか期待を膨らませて訪れる人は多いのではないでしょうか。そして、最初にアプローチする受付スペースで、その期待がどれくらい合致するかを探ります。つまり、来訪者にとって受付は、その企業を集約した顔のようなものなのです。期待通りであったか、または期待を裏切るものであったかどうかは、一瞬で決まってしまうこともあります。また、オフィスがどんな場所に立地しているかでも変わってきます。ビルの上階にある場合はエレベーターの扉が開けば受付という場合もありますし、自社ビルであれば玄関の向こうから雰囲気が探れる場合もあります。どのような立地の場合でも、受付は外部からオフィスへと繋ぐ役割をするものです。もちろん、重要なのはオフィスデザインだけではありません。そこで応対するスタッフも、企業の印象を左右する重要な存在です。大切な来訪者をがっかりさせないためにも、また失礼のない迎え方をするためにも、心地良い空間作りを心がけましょう。

まずは企業をどう見せたいかを考える

受付をどのように設計・レイアウトするかは、企業をどう見せたいかというところから考えていく必要があります。どう見せたいかで迷ったときには、どんなサービス、または商品を扱う業種なのかを考えてみましょう。そうすることで、清潔感を優先した方が良いのか、明るさや親しみやすさをアピールすべきなのかなど、基本的な方向性が見えてきます。企業にとって一番伝えたいイメージを軸に置けば、自然に受付のデザインは見えてきます。また、企業を象徴するものがあれば、それで統一するのもいいでしょう。例えば、企業の代表的な商品をモチーフにするのも、ユニークなアイデアです。誰もが知る企業のイメージカラーやキャラクターなどを、前面に出しているところはたくさんあります。来訪して最初に目にする受付のスペースに企業の世界観を出す、という考え方です。訪れた人に、その企業がどの部分に力を入れているのか、どれくらい自社の製品やサービスに愛着を持っているのかというアピールにもつながります。受付にこだわりのデザインを展開するということは、単純に来訪者を迎えるだけではありません。企業の方向性や業務に対する姿勢を伝えるという役割もあるのです。

素材と色の選び方で見た目が大きく変わる

オフィスデザインをするうえで、色をどう使うかは表現のひとつですが、それと同様に素材もイメージ作りに大きな役割を果たします。建築にとって素材は機能を保つうえで大切なものですが、それぞれの素材から伝わる質感は見た目の印象を左右するものです。受付のデザインを考えるときは、素材と色の選び方を工夫してみましょう。例えば、大理石やアルミ素材などはややクールな印象を与えますが、木やグリーンを使用すると自然を意識した柔らかい雰囲気になります。一般的な建築用の素材だけにこだわらず、自由な発想で選んでみると面白い空間にすることができます。照明の使い方を工夫するのもいいでしょう。近年のオフィスデザインは、執務を行う場所でも遊び心を取り入れたものが増えています。あまりに斬新過ぎてしまうと、見方によっては業務に向き合う姿勢に疑問を感じる人がいるかもしれません。しかし、全体にまとまりが感じられ、それが企業イメージにフィットしていれば、悪い印象にはなりにくいものです。色や素材の選び方を工夫しながら、受付という空間を企業全体のイメージとしてデザインしてみましょう。入った瞬間にアピールできることが理想的です。

有人か無人かも受付のオフィスデザインの重要なポイント

受付に専用のスタッフが必ずいるとは限りません。企業の規模や方針でさまざまですが、有人か無人かでも受付のコンセプトや機能は変わってきます。有人の場合は、当然スタッフが座る専用のスペースが必要になります。そして忘れてはいけないのは、スタッフの制服もオフィスデザインに反映させることです。これを忘れてしまうところは意外に多く、背景とスタッフの制服がバラバラになってしまうことで、企業そのものが統一感のない印象を与えかねません。受付のイメージに合わせたカラーをベースに制服を合わせることで、その空間に一層こだわりを持たせることができます。また、無人の場合には専用のインターホンなどを設置することが多くなりますが、無人であることで無機質な感じにならないような配慮が必要でしょう。企業の主力製品がロボットなどテクノロジーに寄ったものなら、近未来的な雰囲気でまとめてしまうのもいいかもしれません。無人ということを利用して、逆に自社製品を体験してもらえるような空間にするというのも楽しい発想でしょう。受付は企業の顔です。企業イメージを前面に出しながら少しの遊び心を加え、来訪者をもてなす気持ちでデザインしてみましょう。

 

関連の記事



会社見学    エンゲージメント