オフィス・事務所のレイアウト変更

オフィス・事務所のレイアウト変更

(写真は有限会社TRICK BLOCK 様/東京・吉祥寺)

レイアウト変更には、設計前の綿密なプランニングが必要不可欠です。

オフィスのレイアウトを変更する際、まずは“オフィスの現状を把握すること”から始まります。ご依頼をいただいて、すぐにレイアウトを設計することはありません。オフィスの現状を把握するとともに、直近から中長期にわたる事業計画を踏まえてプランニングすることが重要です。

UT SPACE(以下、UTスペース)では、設計前の綿密なプランニングに重点を置き、御社に最適なオフィスをご提供いたします。当社で実施しているプランニングの主な項目とその目的は下記の通りです。

 

調査・分析

 


オフィスの現状(スペース利用状況、家具レイアウト、社員の意識など)を把握するため、各種調査を実施。その調査結果を分析し、設計に反映いたします。

・スペース利用状況の把握
・家具、レイアウト状況のデータベース化
・収納の状況、ファイリング量の掌握
・ワークスタイルの分析(直近~中長期にわたる事業計画を踏まえて)
・意識調査

 

 

基本設計

 


設計の条件を明確にするための工程です。改善したい課題を抽出し、コンセプトを決定します。それに基づきゾーニングを行い、コンセプトに沿ったオフィスづくりを進めていきます。

・改善課題の抽出
・コンセプトの策定
・フロアーゾーニング

 

 

設計

 


基本計画で決定した設計条件に基づき、仕様を細部まで明確にしていきます。さらにこのステップで、ゾーニングしたスペースの環境や機能、運用方針を決定いたします。

・レイアウト計画
・インテリア、色彩計画
・什器備品計画
・ファイリング計画
・セキュリティ計画

 

 

トータルマネジメント

 


レイアウトを変更した成果として、コスト比較、ファシリティの改善、業務効率の向上が期待できます。また、直近から中長期にわたる事業計画を踏まえてレイアウト変更することで、その効果はさらに高まります。

・コスト管理
・安全性管理
・施設環境管理(インフラ、空調など)
・業務環境管理(ワークスペース、照度、収納など)

 

レイアウトに関するQ&A

Q1:レイアウト図ができるまで、どのくらいかかりますか?

A1:UTスペースでは、レイアウトを設計する前段階として、綿密なプランニングを実施しております。オフィスの現状を把握するための調査分析、要件の整理、基本設計などを経てレイアウトを設計するため、1週間程度かかります。

Q2:レイアウトに料金はかかりますか?

A2:レイアウト料は有料です。図面作成、デザインプランニングの費用と併せて「設計費」として請求させていただきます。料金についてはオフィスの規模、クライアント様のご要望によって様々です。

Q3:社員1人あたり、どのくらいの広さが必要でしょうか?

A3:一般的に、社員 1 人あたりに必要な広さは3坪(10m2)程度だといわれていますが、御社の業務内容やスタッフの動線などによって異なります。

Q4:デスクはどのくらいの間隔で配置すればいいですか?

A3:背中合わせにデスクを配置する場合、デスク同士の間隔は160cm程度必要だといわれています。また、その間を人が頻繁に通る場合、180cm以上離して配置したほうがいいでしょう。なお、スタッフの動線やイスの形状などによって必要となるスペースは異なります。

 

お問い合わせは無料です! お気軽にご相談ください

UTスペースは、本気でオフィス移転・改装・リニューアルしたい方を全力で応援します!

オフィスの移転・改装・リニューアルをするときに悩むことやわからないこと、たくさんありますよね。 それならばどんなに些細なことでも、UTスペースへご相談ください!

私たちは幅広い業種のオフィス改善ノウハウ・実績を有しています。どんなオフィスにしたいかのヒアリング、現場調査やお見積もりはもちろん、デザインのご提案まで、すべて無料。物件探しから内装デザイン・空間デザインの設計、施工、引越し、原状回復工事まですべてお任せ頂けます。

オフィス・事務所の開設、移転、改装、レイアウト変更をお考えの皆様の本気に、私たちも本気でお応えいたします! まずはお気軽にご連絡ください!