もはやオフィスの必須空間!! 休憩室、リフレッシュルームの内装デザイン・施工事例

休憩室・リフレッシュルームを設けるメリット

休憩室、リフレッシュルームの需要が高まっています。もはや定番化してきたと言っても過言ではありません。いざ、導入するとなると以下のようなメリットが期待できます。

  • 従業員が疲れを癒すことができ、業務効率の改善につながる
  • 従業員のコミュニケーションが活性化し、部署、業務の垣根を超えたコラボレーションに期待が持てる
  • 従業員の発想・創造力を刺激する空間になりうる
  • 従業員のためを想った空間を持つことで、人材採用にも好影響
  • ブランディングにつながる

 

社員にとっては、疲れた体や脳にひと時の休息を与えられることが直接的なメリットです。一方で企業にとっても、休憩室(リフレッシュルーム)において、ワーカーたちのコミュニケーションが活性化することが部署などの垣根を超えたコラボレーションを生まれる場として期待が持てます。

また、休憩室(リフレッシュルーム)に刺激的、先進的なデザインが取り入れられているならば、ワーカーの創造性を刺激することができ、新しいアイデアが出てくることも考えられるでしょう。そうした空間で行われるブレーンストーミングも同様に質の高いものになり得ます。

休憩室

丸形ソファベンチが目印の社内ライブラリ空間

休憩室・リフレッシュルームの需要の背景

2007年ごろから徐々に日本国内に浸透してきた「クリエイティブ・オフィス」という言葉。「クリエイティブ・オフィス」と聞くと、デザイン事務所や設計事務所、編集社などのクリエイティブと括られるような職種のオフィスと勘違いしてしまいそうですが、下記の通りそれらの会社だけ出なく全てのオフィスを対象としている言葉です。

経済産業省の『クリエイティブ・オフィス推進運動実行委員会』によれば、クリエイティブ・オフィスとは「知識創造行動を誘発する空間、ICT ツール、ワーカーへの 働きかけ等(加速装置)と、組織目標とプロジェクト目標に向けたマネジメント(駆動力)の 双方を備え、組織の創造性を最大限に発揮するための働き方に適した場」を指すのです。

なぜ、クリエイティブ・オフィスが浸透していったのかは、もはや説明するまでもないかもしれませんが、一言で表すならそれは企業が「組織の力」を高めることを渇望しているからということになります。

『クリエイティブ・オフィスづくり「見える化」委員会』によれば、「クリエイティ ブ・オフィスは、オフィスワーカー同士の対話を促し、迅速な意思決定を助け、考える意欲を刺激します。そして、新たな価値の創造とビジネスの変革を後押しします」と説明します。

つまり、近年の働き方改革やそれに伴うクリエイティブ・オフィスの普及によって、その手助けとなる休憩室・リフレッシュルームを導入したいという企業が増えてきたのです。

それでは、以下よりUT SPACEが手がけてきた休憩室(リフレッシュルーム)の一部を、どういう意図を持ってつくられた空間であるかの説明と共に紹介いたします。

 

お問い合わせCTRオフィス空間のコンセプトも、デザインも、機能性も、予算もご相談ください。

 

人と人がつながり、新しい出来事や発想が生まれる。

普段の業務からアタマとカラダをスイッチ出来る落ち着いた空間としました。『まじめに面白いを創る会社』という企業スローガンから、会社イベントや、サークル活動、協力会社様を招いてのイベントに利用するなど、この場所を通じて人と人がつながり、あたらしい出来事や発想が生まれる。そんな新たな価値の創造する空間になったのでないでしょうか。

気分転換できる場は、様々な情報交換の場でもあります。何気ないコミュニケーションから、ビジネスのヒントが生まれたり、魅力的なアイデアが浮かんだりした経験はありませんか? スタッフが自由に情報交換できるよう、休憩室(リフレッシュルーム)にホワイトボードやプロジェクター、パソコンなどを用意する企業も増えています。こうした設備が整っているスペースは、少人数でのブレインストーミングなどにも最適です。

 

 

休憩室  休憩室 休憩室

 

 

 

都内を一望出来る贅沢な休憩スペース 景色を見ながらの一息は最高です

18Fという立地を生かし、窓に面したレイアウトにした展望の良い休憩スペース。オフィスワークに疲れた頭を癒してリフレッシュ出来るようにしています。

休憩室

 

 

 

 

 

 

 


ユニオンテックのUT SPACEでは、綿密なヒアリングを通じてオフィスの現状、オフィスに対するご要望を踏まえた上で、オフィスデザインや空間全体の雰囲気に“御社の想い”を反映していきます。

「どのようなエントランスがいいのか、具体的にイメージがわかない…」というクライアント様もお気軽にご相談ください。これまで数多くのオフィスデザインを手掛けてきた経験と実績をもとに、具体的なアイデアやデザインをご提案させていただきます。

 

お問い合わせCTRオフィス空間のコンセプトも、デザインも、機能性も、予算もご相談ください。

関連の記事



会社見学    エンゲージメント