汐留プラザビル 様

一風変わった素材選びがポイント温もりの感じるエントランス。

 

特徴的な木目と温かい色合いが魅力の「オリーブ」を、壁材と床材に採用。イタリアが産地のオリーブは、重厚感がありつつ、一つ一つ風合いの異なる柔らかい木目が、モダン空間を演出してくれます。

 

「ブラック」「鏡面仕上げ」「可動間仕切り扉」モダンなデザイン性と機能性の融合した形

エントランス

エントランス(汐留プラザビル) エントランス(汐留プラザビル)
エントランススペースとオフィススペースは可動式の間仕切りで区切られており、全開放することで空間を大きく使用することが出来るので、使用用途に合わせ自由にアレンジすることが可能になっています。仕切り扉は鏡面仕上げにすることで、映り込みにより空間の奥行き効果を演出。

エントランス(汐留プラザビル)
ウッドとブラックのコントラストがとても綺麗なデザインは、シンプルなオフィススペースに心地よいメリハリを生む、デザインアクセントになっています。仕事モードのスマートな空間とどこか遊び心のあるモダンな空間との境界。このギャップが空間全体のデザインとして、会社の「色」として確立しています。

エントランス(汐留プラザビル)
オフィス入り口のガラス扉は、ガラス部分を大きくとったミニマルなデザインにし扉のふち部分をぎりぎりまで削ることで、内部との境界をぼかし、圧迫感の無いエントランス空間を作りました。

エントランス(汐留プラザビル)
エントランスを抜けた先には、広めのスペースを設けています。パーティションで区切って個室にする等のアレンジが出来るよう、汎用性の高いシンプルさを残したデザインになっています

 

汐留プラザビル 様 内装施工・事例・実績

東京都港区

 


ユニオンテックのUT SPACEでは、綿密なヒアリングを通じてオフィスの現状、オフィスに対するご要望を踏まえた上で、オフィスデザインや空間全体の雰囲気に“御社の想い”を反映していきます。

「どのようなエントランスがいいのか、具体的にイメージがわかない…」というクライアント様もお気軽にご相談ください。これまで数多くのオフィスデザインを手掛けてきた経験と実績をもとに、具体的なアイデアやデザインをご提案させていただきます。

オフィス空間のコンセプトも、デザインも、機能性も、予算もご相談ください。