メニューブックのレイアウトと具体的な作り方

 

メニューブックのレイアウトと具体的な作り方イメージ画像

飲食店をオープンしようという方は、多くの場合、料理やドリンクについては一定以上のスキルを持っています。ところが、メニューブック作りについては、経験も知識もないという方も多くいらっしゃいます。しかし、どのようにメニューブックを作るかは、お店の売上にも関わってくる大切なことです。おざなりなメニューで妥協せずに、しっかり準備するようにしましょう。

メニューブックはカテゴリ別にするのが基本

多くの飲食店では、「パスタ」「ピザ」「ドリンク」など商品のカテゴリ別にページを分けてメニューブックを作成しています。これは、「○○が食べたい」「それぞれのカテゴリから1品ずつ頼みたい」という要望に応えるためです。

メニューブックに対して特別な希望やこだわりがないのであれば、ごちゃごちゃと書き連ねたりするよりも、わかりやすい、カテゴリ別のメニューブックを作るのがおすすめです。

また、メニュー数が少ない場合でも、「セットメニュー」「単品」「ドリンク」などと分けて記載することで、お客様にとってわかりやすいメニューにすることができます。

おすすめや日替わりは別紙で用意

メニューブックは、一度しっかりした形で作成してしまうと、後から変更しづらいのが難点です。修正テープを使ったり、上から紙を貼って直しているようなメニューは、お客様の印象を損ねてしまうのでおすすめできません。

そこで、随時移り変わる日替わりメニューや季節のおすすめメニューなどは、メニューの冒頭などにあらかじめ差し挟めるような形式にして、別紙で用意することをおすすめします。「人気!」などといったPOP付箋を利用する形で、別紙でメニューに貼りつけるのも、アクセントになってよいでしょう。

後から修正や追加をする可能性が高いと最初からわかっている場合は、暫定的に、ファイルタイプなど変更しやすいメニューブックにしておくのもおすすめです。単にプリントアウトした用紙であっても、ファイルに差し挟むことで立派なメニューブックにすることができます。変更の可能性が高い場合は、印刷所に頼まず、一旦、こうしたアイテムを活用するのもよい方法です。

メニューに写真や説明をつけると頼みやすくなる!

「商品名から予想したメニューと実際の料理の印象が違う」といったイメージの相違を防ぎ、お客様にメニューの特徴やウリをわかりやすく説明するためには、メニューに写真や一言コメントを沿えるのが効果的です。

メニューについて口頭でひとつひとつ説明をすると、「面倒」「うるさい」という印象を抱かせてしまうこともあります。そこで、何を注文するか考えているときに自然と目にするメニューに情報を添えることで、お客様のタイミングで自然と特徴をつかんでもらえるのです。

素材やメニューブック専門店を利用して作ってみよう

そっけない文字だけのメニューや、文字と写真だけのメニューはなんとなく味気ないものです。オシャレなフォントやかわいいイラスト、メニューを囲う枠など各種装飾を利用して魅力的なメニューブックを作成しましょう。

イラストやフォントの素材は、インターネットから無料ダウンロードできるものもあります。ラーメン店や海鮮居酒屋などの場合は、手書きの味が活かせる場合もありますが、オシャレなカフェやレストランの場合は、こうした素材使ってデザインしてみましょう。

本格的なメニューブックを1冊から印刷してくれる業者もありますので、しっかりしている感じを出したい場合は、利用してみてはいかがでしょうか。

まとめ

メニューブックは、お店の売上にも関わってくる大事なものです。知識のない方がイチからメニューブックを作成するのは大変かもしれませんが、プロに頼むとデザイン料など料金がかかってしまいます。フリー素材や市販のファイルなどを利用すれば、比較的簡単に、良質な、オリジナルのメニューブックを作成することができます。今はフリーで使える画像加工ソフトもたくさんありますので、ぜひチャレンジしてみてください。

店舗空間づくりのご相談、お問い合せ