飲食店の店舗物件、失敗しない探し方は?

飲食店の店舗物件、失敗しない探し方は?イメージ画像

どこに飲食店をオープンするか」は、事業の成否に大きくかかわることです。一度決めた店舗物件は簡単に変更することができませんから、失敗がないようにする必要があります。
ここでは、店舗物件を探す際の方法やチェックポイントについて考えてみましょう。

 

まずは立地、面積、賃料などで条件を絞る

オープン予定の飲食店に向いた店舗物件とは、一体どのような場所でしょうか。コンセプトから導き出されるターゲット層が多い土地柄や、必要な店舗面積、設備などについて考えてみましょう。
それと合わせて、どのくらいの賃料までであれば支払いが可能なのかについても、事前に検討しておくことでその後の物件探しがしやすくなります。賃料の目安を決めずに物件を探してしまうと、想定以上に経費がかさむ結果になってしまったり、支払い能力を超えた高額の店舗物件を契約してしまう恐れがあります。
実際に店舗物件を探し始める前に、希望と支払い能力をしっかり見極めておきましょう。

 

希望をまとめた上で複数物件をチェック

条件が決まったら、いよいよ実際の物件のチェックが始まります。
物件探しをするときは、当然、条件に合った物件を中心に見ていくことになります。しかし、条件に多少合わないからといって、検討もせずに却下してしまうと、思わぬ好物件を逃してしまう可能性も出てきます。
物件を探すときは、なるべく多くの物件を見てみましょう。物件を見る目を養うことができますし、比較検討の材料もたくさん入手することができるからです。
また、立地や面積などに関しては、当初の希望や予定と多少違っていたとしても、それがかえって良い効果を発揮したり、新しいアイディアが生まれるきっかけになったりする場合もあります。賃料については、資金計画に影響する部分ですから、大幅なアップは避けるべきですが、それ以外の条件については、ある程度柔軟に構えておくことをおすすめします。

 

「未公開物件」情報を手に入れよう

インターネット上には、たくさんの物件情報が掲載されています。これらの情報は、気軽に大量の物件情報を手に入れられるという点で大きなメリットのあるものです。しかし、このような公開物件は、長く借り手が付かない不良物件であったり、そもそも情報が古くてすでに空室ではないといった場合もあります。良い物件というのは、空きが出た後、インターネット上に掲載される間もなく次の入居者が決まってしまうこともあるものなのです。
そこでおすすめなのが、実際に不動産屋に条件を伝えておき、「良い物件が出たら連絡をするように」とお願いしておくことです。希望のエリアを管轄している複数の不動産屋に声をかけておくことで、未公開物件情報を手に入れられる可能性がアップします。

 

実際に店舗に足を運ぶことが大切

インターネット上の物件情報や、不動産屋から送られてくる案内からわかるのは、店舗の広さや賃料、設備、住所といった情報です。これらも店舗物件探しには必須のものですが、一番大切なことは、実際に店舗に足を運ばなければわからないことばかりです。
周囲にターゲット層がどのくらいいるのか、人通りは多いか、駅からのアクセスは良いのかなど、実際に行って確かめてみてください。
車で物件まで行き、内部だけを見て帰るようでは、お店としてやっていけるのかどうかを正確に判断することはできません。周囲を歩いて、競合店の人の入りなどについてもチェックした上で、契約に値する物件かどうかを検討しましょう。

 

まとめ

店舗物件情報は、インターネット上などで手軽に手に入れることができます。しかし、本当に自分に合った物件を探すためには、やはり実際に目で見ることが大切です。そのためにも、事前に不動産屋とコンタクトを取って、希望を伝えておきましょう。人と人との繋がりが、より良い物件とめぐり合うための鍵になるはずです。