顧客の心を掴む!魅力的な店舗デザインの決め方

顧客の心を掴む!魅力的な店舗デザインの決め方イメージ画像

店舗のデザインと言ったときにすぐに思い浮かぶのは、お店の外観や看板などである場合が多いでしょう。もちろん、初見での好感度を上げるためには、外的デザインも大切です。しかし、実際に顧客として店を訪れた方を満足させるためには、内的な店舗デザインが重要になります。

 

全体の雰囲気はコンセプトに応じて決める

店舗作りをするときは、全体の統一感を大切にしたいところです。外観と内観の印象があまりにも違ったり、内装がちぐはぐだったりすると、顧客がイメージを持てない原因になります。 お店をどのような雰囲気で作っていくのかは、「コンセプトに合っているかどうか」、「そこから導き出されるターゲット層が好む内装はどういうものか」、「メニューに合ったお店の雰囲気はどういうものか」といったことを総合的に考えながら決めましょう。
お店全体のコンセプトや方向性について、実際に内装を手掛けることになるデザイナーや内装業者に伝えておくと、素材や色合い、デザインを相談するときにスムーズに話を進めやすくなります。内装にかかわるスタッフ全員が共通認識の元で話を進めていけるようにしましょう。

 

スタッフと客の動線が被らないように

店舗の内装で大切なことは、パッと見たときに好感を持ってもらえるデザインであることと、居心地がいいこと、コンセプトと合っていること、そして、機能性に優れていることです。 飲食店はアトラクションや観光名所ではありませんから、どれほど素晴らしいデザインであっても、例えば頭を下げないと行き来できないような低い天井や、段差だらけの床などは論外です。転倒などの危険性が高まる上に店員の作業効率も低下し、客にも不便を強いるデザインだからです。
もちろん、実際にこのような内装を選択することはないでしょう。しかし、ホールとキッチン間のアクセスが悪かったり、机の並びのせいで動きが制限されたりする店舗というのはたくさんあります。上記の例ほど極端なではありませんが、同様に客に不便を強いたり、店員の効率を悪くしてしまうレイアウトになっているのです。
効率良く動くということを考える上では、入り口、レジ、お手洗いなど、客が動く動線と、キッチンとホールを行き来するスタッフの動線がなるべく被らないように配慮することが大切です。スタッフと客がぶつかったり、お互いの通行を邪魔することがないようにしましょう。

 

座席数を決めよう

店内の座席数が多いということは、一度に入れられる客数が多く、売上を上げやすくなるということでもあります。しかし、それと同時に、客ひとりあたりに当てられるスペースが少なくなり、通路が狭くなることから、スタッフと客、または客同士がぶつかりやすい環境になるということでもあります。
隣とあまりに近い場所に座らされることは、客にとってストレスになり、「居心地が悪い」と感じる原因となります。
詰め込みすぎるのではなく、ある程度のスペースを確保することも意識して座席数を決めましょう。

 

意外と重要!レジの場所は?

客席からレジのお金が見えてしまうと不用心ですし、店舗の雰囲気を崩してしまいます。また、帰ろうとする客にスムーズに会計をしてもらうためには、出入り口付近にレジを置く必要があるでしょう。
レジ回りにレジスターや伝票などを置くとなると、ある程度の広さを確保しなければならなくなります。これらのスペースを省略するために、最近ではタブレットを利用した会計システムを採用する店舗も増えてきています。
食い逃げを防止したり、店内の客やスタッフの邪魔にならないことも重要です。こうした観点を考慮してレジの場所を考えてみましょう。

 

まとめ

店舗のデザインは、ターゲット層に好感を抱いてもらえるようなものにする必要があります。しかし、お洒落なだけで使い勝手の悪いデザインでは、リピーターを増やすのは難しいでしょう。客にとってもお店にとっても便利な使いやすく居心地のよいデザインを模索してみてください。