過不足なく必要な設備を整えよう!厨房設備・備品の選び方

過不足なく必要な設備を整えよう!厨房設備・備品の選び方イメージ画像

飲食店は、当然ながら飲食物を提供する店舗ですから、通常は、飲食物を作るための設備が必要となりますが、店舗用の厨房設備は家庭用のものとは大きさや金額、性能などが異なります。こういった特殊な設備は、どのように選ぶと良いのでしょうか。

 

必要な厨房設備や備品をリストアップする

店舗に必要な設備は、それぞれの飲食店によって異なります。喫茶店ならコーヒーを淹れるための設備が必要ですし、ラーメン店であれば、麺を複数人分同時にゆでるための大きな鍋が必要でしょう。また、同じ喫茶店でも、コーヒーがメインなのか、アフタヌーンティーセットなどを提供するお店なのかによっても変わってくるでしょう。
このような厨房設備や備品は、準備段階で過不足なく揃えておきたいものです。後から設置しようとすると、設置場所を確保できなかったり、足りない設備があることで営業に支障をきたしてしまう恐れもあります。 店舗をオープンする時点で、必要な備品についてリストアップしておくようにしましょう。

 

物件に付属している備品があるかチェック

店舗用の物件の中には、すでに厨房機器などが設置されているものもあります。もともと飲食店が入っていた物件の場合は、コンロや冷蔵庫、シンクなど、ある程度の備品が残されている可能性もあるでしょう。何があって、何がないのかを事前に確認しておくようにしてください。
また、残置されている設備があったとしても、自分の開こうとしている店舗には合わないものであったり、壊れていて使えない、必要な機能がついていないといった問題がある場合もあります。
必要な設備リストと実際の設備を見比べて、問題がないか確かめておきましょう。

 

厨房設備・備品を新品で購入

必要な厨房設備や備品は、お店のオープン前に購入しておく必要があります。新品でこうした設備を買う場合は、自分で専門店などから購入するか、内装業者やデザイナーに手配してもらうかのどちらかになるでしょう。
自分で探すメリットとしては、多くの選択肢の中から選ぶことができることや、購入するタイミングを選べることなどが挙げられます。
一方、業者に頼む場合は、業者価格での購入が可能であったり、設置や配管までを一括して行ってもらえるといったメリットがあります。自分で購入した場合は、内装工事を行うまでどこかに保管しておかなければならなかったり、納品が工事に間に合わずトラブルになるといった難点もありますから、特にこだわりがなければ業者に探してもらった方が無難です。
なお、希望のメーカーや品番を指定して納入してもらうこともできるため、最初から自分で買おうとするのではなく、一度は相談してどちらがお得か比べてみると良いでしょう。

 

厨房設備・備品を中古で購入

厨房設備や備品は、中古品も多く出回っています。こういった商品には、格安で手に入れることができるという大きなメリットがあります。
中古の厨房機器を扱っている専門店や、インターネットオークション、通販サイトなどをチェックしてみましょう。
ただし、あくまでも中古品ですから、問題なく利用できるのかどうか、また、汚れの状態やアフターサービスの有無などについて確認しておくことが大切です。特に、作られてから長期間が経過しているものについては、機能性や運用コストなどについても調べておいた方が良いでしょう。

 

まとめ

厨房設備や備品の準備費用を抑えるためには、もともと設備がついている物件を探すか、中古で設備を揃えるのが効果的です。ただし問題もあるため、設備をチェックする確かな目や知識も必要になります。そうでない場合は、業者に希望を伝えて手配してもらうのが手軽で確実です。