居抜き物件はお得?メリットとデメリットを解説!

居抜き物件はお得?メリットとデメリットを解説!イメージ画像

飲食店をオープンしたいという夢を持っている方はたくさんいるでしょう。しかし、実際にオープンにこぎつける方はその中の一部です。飲食店を新しく開店させるためには、独自のノウハウや多大な労力、お金が必要になるからです。 そこで便利なのが、「居抜き物件」を利用する方法です。ここでは、居抜き物件の良い点と注意すべき点についてご説明します。

 

居抜き物件とは

そもそも、居抜き物件とはどういう意味なのでしょうか。 これは、「前の入居者が飲食店で、キッチンやシンクといったお店の設備を残したまま退去した物件」のことです。 最初から設備が整っているため、いちから自分で飲食店用の内装工事を行う必要がないという大きなメリットがあります。ただ、設備がまだ新しい場合などは、賃料とは別に設備の買い取り費用が必要となる場合もあるので気をつけましょう。 居抜き物件は、飲食店のほか、美容院や小売店などでも出る場合があります。この場合も、シャンプー台やショーケースなどの独自設備が整った状態で次の入居者が探されます。

 

居抜き物件のメリット

居抜き物件のメリットには、大きく次の3点があります。 ・設備費用を抑えられる 業務用のキッチンや冷蔵庫、ショーケース、カウンターなどは、自分で用意するとなると一度に莫大な費用がかかります。居抜き物件を利用することで、こうした費用を抑えることができます。 ・設備を揃えたり内装を整える時間を短縮できる お店の形ができあがった状態で入居することになるため、自店の運営に必要な食器や調理器具など、足りないものを少し揃える程度ですぐにオープンが可能な状態になります。入居からオープンまでに時間がかかると、収入がないのに賃料を払わなければならない期間ができてしまいます。居抜き物件を利用してオープンまでの期間を短縮できれば、それだけすぐに収入を得ることができるのです。 ・元々の顧客がついていた場合は取り込める場合も 前のお店が潰れた後、同じ業種の別の店がオープンするということはよくあることです。飲食店のターゲット層の中には、「ラーメン屋であれば、A店でもB店でもどちらでも構わない」といった人たちもいます。居抜き物件を利用してお店を開くことで、以前の飲食店を利用していた顧客層をそのまま取り込める可能性もあるのです。

 

居抜き物件のデメリット

メリットの多い居抜き物件ですが、難点がないわけではありません。 ・設備が自分の店と合っているか検討する必要がある 居酒屋をオープンしたいのに、焼肉屋の設備が整っている物件を借りてもあまりメリットはないでしょう。「飲食店の居抜き物件」だからといって、必ずしも自分の希望通りの設備が揃っているとは限りません。 ・前の店が潰れている場合、経営がうまくいくか検討する必要がある 居抜き物件は、前の店舗が撤退するなどして生まれる物件です。そのため、前の店舗がなぜ潰れてしまったのかを知っておいたほうが良いでしょう。顧客がついていたのに家族の都合で畳むことになった、というような理由であれば問題ありませんが、顧客が少ない地域だった、などという場合は注意が必要です。 ・設備機器の故障やトラブルが起こらないかチェックが必要 居抜き物件の設備は、あくまでも中古品です。問題なく動作するかどうか確かめておきましょう。

 

居抜き物件を見つける方法

居抜き物件は、専門の不動産業者や、地域の不動産屋で探すことができます。ただし、居抜き物件だけに限定して店舗探しをしようとすると、かえってオープンまでに時間がかかってしまったり、希望以外の地域で妥協しなければならなくなる可能性もあります。 条件の合う居抜き物件がすぐに見つかるとは限りませんから、それに固執し過ぎるのも危険です。

 

まとめ

良い居抜き物件を見つけられれば、コストを抑えてすぐに飲食店の営業を始めることができます。ただし、契約を進めるときは、「どうしてその物件が空いているのか」、「設備に問題はないか」といったことを確認しておきましょう。周辺地域での聞きこみやターゲットニーズの調査も効果的です。