店舗の工事が必要になったら――工事費の内訳と金額は?

店舗の工事が必要になったら――工事費の内訳と金額は?イメージ画像

飲食店をオープンするためには、大なり小なり内外装に手を入れる必要が出てくるでしょう。自分でちょっと掃除をしたり、飾りつけをする程度であれば簡単にできますが、業者に依頼して本格的に工事を行わなければいけない場合は、時間や資金が必要となります。

 

店舗工事に必要なお金の種類

店舗工事にかかるお金は、実際の工事費用だけではありません。工事内容を決めるデザイン料や設計料、実際の施工費、施工に使用する設備を購入するための設備費などが必要になってきます。
デザイン料は、坪単価で算出される場合もありますが、小規模な店舗の場合は一括で50万円といったような価格設定の場合も多く、物件が狭ければ安くなると一概に言うことはできません。
デザインや施工、設備調達を別々の業者に依頼する場合と、ひとつの業者で一括して行ってもらう場合を比べると、まとめて依頼するほうがコストを抑えられる場合が多いと言えます。しかし、すべてを一括で行える業者の場合、専門性がそれほど高くない可能性もあります。希望通りの部材が使えるかどうか、どのようなデザインが可能なのかどうか、確認をとるようにしましょう。

 

目安の工事金額は?

工事金額の合計は、具体的なデザインや、使用する設備などによっても大きく変わってきます。費用を抑えたい場合は、安い部材を使ったり、設備を施主支給として中古品を探すなどの工夫をしましょう。
とはいえ、やはり目安も何もないようでは資金計画も立てづらいものです。おおよその目安としては、坪単価30万円~50万円前後程度を想定しておくと良いでしょう。もちろん、居抜き物件で大規模な工事が必要ない場合などはこれよりも大幅に予算を削減することも可能です。

 

工事金額を安く抑えるためには

店舗をオープンするための初期費用を借り入れなどに頼った場合、返済が経営を圧迫してしまうこともあります。最初にかける費用は、できるだけ少ないほうがその後の経営が楽になりますから、無理をして豪華な店舗作りをしないように気をつけましょう。
工事金額をできるだけ低く抑えるためには、複数の工事業者から相見積をとるのがおすすめです。ただし、見積を比較する時は、金額だけでなく、それぞれの業者の見積内容に違いがないかどうかといった点にも着目するようにしましょう。
また、工事を行う業者に、「できるだけ費用を抑えて施工をお願いしたい」と相談しておくと、デザインや部材を工夫して、安く仕上げられる工事方法を提案してもらえる場合もあります。最初に「予算は〇〇万円です」と伝えた上で、その予算に収まるデザインを提案してもらうのも良いでしょう。

 

工事費は想定よりも高くなることも多い!

内外装の工事を行っていく上で、見積段階では気づかなかった不具合が後で判明したり、「やっぱり○○風のデザインをとりいれたい」といった希望が出てくる場合もあります。
支払い能力の限界に近い金額の見積で工事を始めてしまうと、このような場合の費用の増加に対応できず、資金がショートしてしまいかねません。
同様に、工事期間についても、短くなるよりは、不測の事態や追加工事によって長くなる可能性のほうが高いと言えるでしょう。
金額や期間については、あまりギリギリの予定を組まないほうが安心です。

 

まとめ

店舗工事が必要な場合は、早めに見積をとり、具体的にかかる期間と金額を確かめておきましょう。想定金額よりも高い場合は、業者にもっと安くする方法がないかどうか相談してみてください。初期費用が想定以上に膨らむことがないように、余裕をもって計画的に準備を進めることが大切です。