道行く人が足を留める!魅力的な看板デザインの作り方は?

道行く人が足を留める!魅力的な看板デザインの作り方は?イメージ画像

これまで一度も入ったことのないお店に足を踏み入れるきっかけは、一体どのようなところから生まれるのでしょうか。 通りすがりで気になって、という場合は、お店の外観や店舗名称、看板などが多いと考えられます。ここでは、特に看板のデザインについてご説明します。

 

看板はお店の顔

お店の看板は、当然ながら、「そこに店がある」ということを顧客に知らせるために作られるものです。特に飲食店の場合、魅力的な看板を出しておくことで、「お腹が空いたから、どこか入れる店はないかな」、「疲れたから休憩がしたい」といった理由でお店を探している人が足を留めるきっかけになります。 看板はお店の顔とも言える重要なものです。ただ店名だけを書いて掲示しておけばいいというものではないということを覚えておきましょう。「魅力的な看板を作れるかどうか」と、「その看板を道行く人に気づいてもらえるかどうか」が、集客力に大きく関わってくるのです。

 

遠くからでも気づいてもらえる看板を

有名デザイナーに依頼して作った魅力的な看板であったとしても、そこに看板があるということ自体に気づいてもらえなければ意味がありません。これでは、看板に目が行かないのと同様に、お店があることにも気づいてもらえない可能性が高いでしょう。 店舗の壁に沿う形で看板を掲示した場合、よほど周囲を見回しながら歩いている人でなければ目に入りません。人はだいたいの場合横ではなく前を見て歩いていますから、進行方向と並行ではなく、直角の位置に看板を配置してみましょう。そうすることで、通行中に自然と看板が目に入るようになります。 さらに、遠くからでもわかるように目を引く色を使ったり、「飲食店である」ということを認識しやすいデザインにすることも大切です。

 

店名だけでなく特徴を入れこむのがポイント

「ハッピー」「スカイ」など、どのようなお店なのかまったくわからない内容の看板を掲げていても、飲食店を探している人の目には留まりにくいでしょう。飲食店かどうかがわからない上に、飲食店であったとしても、どのようなお店なのかがわからないと、顧客を逃がしてしまいかねません。 一方、「イタリアン○○」や、「ワンコイン居酒屋××」といった、お店の特徴やウリをアピールした看板は、デザインとしてはそれほどスタイリッシュではないかもしれませんが、お店を求めている人に一目でアピールすることができるという大きなメリットがあります。 ただし、「シチリア産レモンを使ったクリームソースがおいしいイタリアン!ランチタイムはドリンク飲み放題のトラットリア○○」などといったあまりに長い文章の書かれた看板は、目が「滑って」しまって要点を掴みにくいものです。まずはパッと見た瞬間に特徴を掴めることを意識しましょう。文字ではなく、イラストや写真などを活用した看板も効果的です。

 

メイン看板とサブ看板を活用しよう

店舗の看板は、デザイナーや印刷所などに依頼してしっかり製作してもらうメイン看板と、毎日気軽に書き替えられるサブ看板のふたつを用意するのがおすすめです。 メイン看板は、通行人の足を留めさせたり、ターゲット層に飲食店の存在をアピールすることを目的として作るものです。 一方のサブ看板には、お店のウリメニューや季節限定商品の紹介などを書いて、足を留めた人たちの興味を惹き、店内に誘導するために活用します。 メイン看板の作成には、2週間程度かかる場合もあります。オーダーは早めに行いましょう。また、サブ看板は数千円程度で購入できるボードなどを利用すると手軽です。

 

まとめ

街を歩いている人々というのは、そのエリアを生活圏にしている人ですから、飲食店の顧客となってくれる可能性が高い方と言えるでしょう。そういう方に向けてお店の宣伝をするためには、看板を活用するのがおすすめです。看板の役割を意識して、顧客獲得を目指しましょう。