ネット広告を利用した集客方法

ネット広告を利用した集客方法イメージ画像

個人、法人問わず、多くの方がインターネットを利用して様々な情報を発信する時代になりました。ですから、インターネットを利用して、効果的な飲食店の集客をする方法を模索したいところです。どのような方法が飲食店に向いているのか、考えてみましょう。

 

通常のネット広告は飲食店には向かない?

パソコンやスマートフォン、モバイルなどでインターネットを利用していると、多くの広告バナーや広告テキストを目にします。旅行やインターネット通販など、様々な内容の広告がありますが、このような広告は、現状、限られた地域の方だけをターゲットにしている飲食店には向いているとは言えません。 インターネットの利点に、「世界中の誰にでも広く情報を発信できる」ということが挙げられますが、飲食店広告については、主眼となるのは、実際にお店に足を運べる地域の方に見てもらうことでしょう。

その端末を使っている個人の検索結果やネットの利用状況などから推しはかれる人物像に合わせた広告を出す「リスティング広告」などもありますが、飲食店にとっては費用に対して効果が見合うかどうかを検討しておきたいところです。

 

ネット上における飲食店向きの広告方法とは

情報を求める若者は、しばしばネット上で検索をかけます。例えば、「○○駅 ラーメン」といった具合です。 このような検索をかけたときに、自店の情報が目に留まれば、即時利用につなげることも可能だと言えるでしょう。ネット上での飲食店の広告は、いかにターゲット層の目に触れさせるかということと、興味を惹けるかということが重要です。

そこで、このような想定されるキーワードで検索をかけたときに、検索結果の上位に表示されるようSEO対策をとったり、自店の情報を発信して顧客の目に触れる機会を増やしたりといった工夫をしていきましょう。

最近のユーザーは、ネット広告に目が慣れてしまっています。広告には目を留めないだけでなく、邪魔に思われ悪印象を持たれてしまうこともあるのです。そういう意味でも、強引にブラウザに割り込ませるような広告手法ではなく、必要としている人に対して情報が行きわたるような方法を考えることが大切です。

 

コストを抑えてできることが最大のメリット

インターネットは、飲食店の情報や新メニュー紹介、お店のポリシーなどを手軽に世界中に発信できるという大きな特徴があります。

この特徴を広告に利用しないのはもったいないことですから、SNSや地域の掲示板、ブログなど、積極的にインターネットツールを利用して情報発信を行いましょう。

ただし、あまりにも手を広げすぎてあれもこれもと数多くの発信ツールを使おうとすると、どれも中途半端になってしまう可能性があります。ネット広告は、管理能力を超えない範囲で利用しましょう。

 

グルメカテゴリのサイトへの出稿は有力

総合グルメ情報サイトには、特に、「グルメの情報を得たい」と思っているユーザーが集まります。また、地域の情報をまとめているレジャーサイトには、近隣住民が集うことになります。 このような、「自店のターゲット層になり得る方」が集まる場所に広告を打てば、それだけターゲットとなる方の目に情報が触れる可能性が高まります。効率よく集客を行うためには、こういったサイトに情報をアップするのが良いでしょう。

業者に依頼するとそれだけコストがかさんでしまうため、どのくらいの効果が見込めるかわからないうちは控えておいた方が良いでしょう。

 

まとめ

インターネットを利用することで、コストを抑えて広い範囲の方に広告を打つことができますが、無暗に利用しても効率の良い宣伝効果は得られませんから、確実にターゲット層に届けられる宣伝方法を見つけましょう。