集客のためにホームページを作成しよう!

集客のためにホームページを作成しよう!イメージ画像

飲食店に限らず、お店を経営する上では、潜在顧客に店舗の存在をアピールすることと、興味を持ってくれた方により詳しい情報をわかりやすく提供することが大切です。インターネットの発達した昨今、「お店のホームページ」がこうした役割を担っている場合が多いと言えるでしょう。

 

ホームページはどうやって作る?

インターネット黎明期には、ホームページは自分でHTMLを理解している人か、業者に依頼できる資金力を持った一部の大手企業などしか作れないもの、というイメージがありました。 しかし、現在では、自分でいちからタグを組んでホームページを作るという人はそれほど多くありません。また、業者に依頼した場合は大きな作成コストと運用コストがかかることになりますから、オープン前の飲食店にとって現実的な選択とは言えないでしょう。

それでも、今は多くのお店が自分のホームページを持っています。簡単にインターネットに接続できるようになったのと同じように、ホームページも、特別な知識がない方でも簡単に作れるようになったからです。

 

ホームページを用意することがより簡単に

飲食店のホームページは、文字だけで構成されるものではありません。おいしそうなお料理やドリンクの写真をたくさん掲載した見栄えのよいホームページでなければ、顧客の心をつかむことはできないでしょう。

このようなホームページを作るためには、飲食店経営者向けのホームページ作成サービスやテンプレートを利用するのが便利です。これらを利用することで、簡単にスタイリッシュなホームページを作ることができるのです。

ただし、一般的なホームページ作成企業に依頼をするほど高額ではないものの、月額使用料がかかる場合も多いため、コスト面では注意が必要です。

そのほか、多少HTMLを理解しているのであれば、無料のテンプレートなどを利用してホームページを作成することもできます。この場合は、できたホームページをアップするためのサーバーが別途必要になります。インターネットプロバイダの契約には、ホームページのサーバー容量が含まれている場合もあるため、一度自分の契約を確認してみるとよいでしょう。

 

ホームページを作るときの注意点

飲食店のホームページ作りをするときは、ひとりよがりにならず、見た人がわかりやすいページになっているかどうか注意する必要があります。

よくないホームページの例には、次のようなことが挙げられます。

  • 写真ばかり大量に載っていて具体的な情報が見当たらない
  • メニューの値段などがわからない
  • 文章ばかりで写真がなく、具体的な様子がわからない
  • 店の外観や内観がわからない
  • 営業時間、営業日、場所がわかりづらい
  • 地図がわかりづらい
  • 情報が間違っている

このようなことが起こらないように、写真と情報のバランスを考えたり、必要な情報がすぐに見つけられるよう配置に気をつけたり……といった注意をしましょう。

また、店舗の場所がわからないと来てくれる方にストレスを与えたり、途中で別の店に入られてしまう可能性もあります。Googleマップにリンクを貼ったり、わかりやすい行き方の説明を添えるなど、「迷わせない工夫」を怠らないようにしましょう。

 

ホームページができた後でやっておきたいこと

飲食店のホームページが作れたら、次の3点について確認しておきましょう。

  1. インターネットエクスプローラー、グーグルクロームやファイアフォックス、サファリなど、代表的なブラウザできちんと表示されるかどうか確認する。
  2. スマートフォンでもわかりやすく表示されるか確認する。
  3. 客観的に見て、地図や価格、営業日などの店舗情報がわかりやすいか確認する。

誰がどこからアクセスしてもわかりやすく、見やすいホームページであることが大切です。

 

まとめ

飲食店のホームページは、今や誰でも気軽に作れるものとなりました。お店について知ってもらうのに大いに役立ちますから、ぜひ用意しましょう。なお、ホームページを作った後は、定期的に更新をして情報を最新に保つことも大切です。顧客にとってわかりやすく有用なホームページを目指しましょう。