プレスリリースの効果的な打ち方とは!?

プレスリリースの効果的な打ち方とは!? イメージ画像

飲食店のオープンが決まったら、次に考えたいのが「告知戦略」です。新規オープンに先駆けて、メディアに対して「プレスリリース」を打とうと考える方もいるでしょう。一方、そのようなことはまったく頭になかったという方もいるかもしれません。ここで改めて、プレスリリースについて考えてみましょう。

 

プレスリリースとは

プレスリリースは、報道機関向けに企業や店舗などが出す新しい情報のことです。ニュースや新聞などで時折見かける、「○○社は〇月○日に○○を開始すると発表しました」といった記事の多くは、プレスリリースを元に作成されているのです。 また、プレスリリースをテレビ局や雑誌社などに送ることで、その内容に関する取材のきっかけを作ることもできます。新しい情報を顧客に届けている各種メディアは、こうしたプレスリリースの中から情報を取捨選択して記事や番組を作成しているのです。

 

プレスリリースの作り方

プレスリリースは、一般ユーザーに向けて作られる「チラシ」とは作り方が異なります。チラシには、サイズの規定や内容の規定は特にありませんが、プレスリリースの場合は、一定の体裁があると言えます。さまざまな企業がHPでプレスリリースを公開していますので、参考にすると良いでしょう。また、たくさんのプレスリリースの中からメディアに選んでもらえるよう、ひと目で店舗の特徴や訴求ポイントなどがわかるようにしておきましょう。例えば、オープンに至った経緯や店主のプロフィールを取材してほしいからといって、そういったことを細かく書いても、押しつけがましくなり読んではもらえません。それよりも、店の具体的なオープン日などの情報や、「日本初の○○!」といったアピールポイント、珍しい企画、魅力的な写真など、記事として映える内容を盛り込むのがおすすめです。 併せて、メディアが「取材しよう」、「記事に載せよう」と思ったときにどこに連絡をすればいいのかがすぐにわかるようにしておくことも大切です。電話番号と担当者名、受付時間などを記載しておいて、必要な連絡が取れる体制を整えておきましょう。

 

作ったプレスリリースを誰に流すか

「大手メディアに取材に来てほしい」という気持ちがあったとしても、地域の飲食店情報に関するプレスリリースを全国区のテレビ局に送っても、取材が来る可能性は高いとは言えません。 地域情報をしばしば取り上げているタウン誌や、地元のラジオ局、ローカルテレビ局などは、取り上げてもらえる可能性がより高いでしょう。プレスリリースは、「取材したい」と思ってもらえる可能性が高い相手に流すのが効果的です。 また、こうしたメディア関係者向けに、オープン前の試食会などを開くと、より効果的です。実際に足を運んでもらえれば、魅力が伝わりやすくなりますし、メディア側としても、そのような特別な場は記事にしやすく、惹かれる場合も多いでしょう。

 

WEB上のメディアも活用しよう

WEB上には、プレスリリースを集める専門サイトや、飲食店の情報をまとめるサイトなども存在しています。このようなサイトを利用してプレスリリースを出すこともできます。 他店の情報をまとめて見ることもできるため、飲食店業界の動向が知りたい場合などにも便利です。下記のようなサイトを活用して、情報収集や発信に役立てましょう。 ・飲食店PR.com https://www.inshokutenpr.com/PRTIMES https://prtimes.jp/topics/keywords/%E9%A3%B2%E9%A3%9F%E5%BA%97

 

まとめ

プレスリリースは一般顧客向けの広告とは異なるものですが、見た人に、「行ってみたい」、「どんなところだろう」と思わせる工夫をすることが大切という点では同じです。ローカルメディアなどを中心に、興味を持ってもらえる情報の発信を心がけましょう。