歯医者の開業時にこだわりたい店舗設計のポイント

歯医者の開業時にこだわりたい店舗設計のポイントイメージ画像

歯医者を開業するときは、一体どのような院内設計を心がけるべきなのでしょうか。ここでは、特に初めて独立開院を目指す方に向けて、内装工事の重要性や、患者に好印象を抱いてもらうために意識したいポイントについてご説明します。

 

内装は集患につながる

システマティックで清潔感の溢れる歯医者と、温かみの溢れる昔ながらの内装の歯医者、ポップな色使いで楽しめる工夫がされた歯医者では、それぞれ好感を抱く人の層が変わってきます。
ドクターがどのような理念で歯医者を開院するのかによって、ターゲット層も異なってくるでしょう。トレンドを取り入れながら、コンセプトを意識した内装デザインで、ターゲット層に好感を抱いてもらえる医院作りを実践しましょう。
また、出入り口は閉塞感を感じさせないように気をつけ、足を踏み入れやすいデザインを心がけるようにしてください。スタッフや患者の動線を考えて、過ごしやすい医院を作ることも大切です。

 

待合室は過ごしやすさを意識

医院の内装デザインは、ドクターの理念や理想を取り入れることが基本です。しかし、それだけでは独りよがりな歯医者になってしまいかねませんので、患者の目線に立った空間作りを意識しましょう。
とりわけ、治療前の時間を過ごすことになる待合室は、患者にとっての居心地の良さを重視して設計する必要があります。

歯医者は、時に長い待ち時間を過ごさなくてはならないこともある場所です。待ち時間に退屈してしまわないように、本や雑誌、パンフレットなどを用意しておきましょう。また、居心地良く過ごせるよう、座り心地の良いソファや適度な明るさの照明換気システムなども大切です。 子どもが多く訪れる歯医者の場合は、キッズスペースや絵本、おもちゃなど、子どもが飽きずに過ごせるものも提供できるようにしておきましょう。 患者とスタッフ、双方にとって利用しやすい待合室を作るために、医院の待合室デザインを得意とする専門業者に相談しても良いかもしれません。

 

ブランディングにもつながる

「ブランディング」というのは、「顧客の中に一定のイメージ醸成し、好感度や安心感アップを目指す」という経営戦略のことです。
歯医者においても、コンセプトに沿って内装や外観を作り上げて行くことで、ブランド力を高めて利用者の満足度を向上させることができます。
高級感のあるデザインや、バリアフリーのデザインなど、魅力ある内装にすることで、「歯医者ならどこでもいい」と思われるのではなく、「○○歯科に行こう」と思ってもらえるよう、心がけましょう。

 

内装工事の流れ

内装工事は、物件の決定、コンセプトに基づくプラン作成、デザイン決定、見積もり、契約、施工、立ち合い確認、引き渡しといった順に行われます。内装工事やデザインの専門業者の中には、物件探しからトータルしてサポートをしてくれる企業もあります。

デザインと施工は、それぞれ別の企業に依頼することもできますし、一括して同じ会社に依頼することもできます。
施工場所とデザインの相談をしたい場所が遠く離れている場合や、特に希望しているデザイン会社がある場合などは、別々の会社に依頼することになるでしょう。 一方、具体的な施工予算を元にデザインを行いたい場合や、時間的な余裕がそれほどない場合などは同じ会社に依頼した方がスムーズに話を進められます。デザイン会社と施工会社と依頼主の三者ではなく二者での話し合いになることから、認識のずれなども生じにくいでしょう。

 

まとめ

数多くある歯医者の中で、どこに入るかどうかを最初に決めるとき、入口のデザインが大きなポイントとなります。それと同様に、継続して通うかどうかには、待合室の過ごしやすさやストレスなく行き来できる内装デザインであるかといったことがひとつの目安となるでしょう。コンセプトに沿った内装を実現しましょう。