新規開業のアパレルショップは魅せ方が大切!

新規開業のアパレルショップは魅せ方が大切!イメージ画像

アパレル業界に興味がある方や実際に働いている方の中には、「いつか自分のお店を持ちたい」と考える方もいるでしょう。最近では、ネット上でアパレルショップを開業する方も増えていますが、やはり、いつかは路面店をオープンさせたいと思う方も多いのではないでしょうか。

 

セレクトショップか、オリジナルブランド店か

アパレルショップは、大きくふたつに分けることができます。ひとつは、独自のオリジナルブランドを扱うアパレルショップで、もうひとつが、様々なブランドの商品を扱うセレクトショップです。
どちらをオープンするのかによって、店舗の内装デザインも変わってきます。オリジナルブランドを扱う場合は、ブランドのコンセプトに合わせた内装が必須ですし、ブランドロゴなども積極的に内装に取り入れ、服だけでなくブランド全体をアピールします。服の並べ方も、数を多く陳列するというよりは、そのブランドのデザインがよりよく見えるようなレイアウトを意識すべきでしょう。
セレクトショップの場合は、単一ブランドの商品だけを扱うわけではありません。ブランドより「服そのもの」が主役となるため、内装も、ターゲット層の好みを意識しつつ、服を邪魔しないようある程度抑えたほうが良いでしょう。種類や点数の多さを見せるため、数を多く並べると良い場合もあります。

 

「自分が好きになれる」お店作り

カ売っている側が、「良いものだ」と思っていないと、来客者に対するアピール力も自然と低くなるものです。オリジナルブランドの場合はもちろんセレクトショップであっても、「特にこれを扱いたい」と思った理由などを大切にして運営していきましょう。ひとつひとつの商品に愛着を持ち、その良さを説明できるようにしておければ理想的です。
同じように、店舗作りにも愛着を持ちたいものです。ただ適当に衣類を並べるのではなく、内装、インテリア、商品が調和して、「魅せるデザイン」を作っていけるようにしましょう。

 

棚やトルソーの配置に注意

特に在庫が多いアパレルショップの場合、棚やトルソーの位置が悪いと、歩きづらかったり、商品が見にくくなってしまうことがあります。
見たいと思ったものが見られなかったり、たまたま目に入らないといったことで、せっかくの来店者を逃してしまうことがないよう、「お客さまに不便がないか」という観点で、ひとつひとつの棚や衣類の配置を意識するようにしてみてください。
専門の業者に依頼したり、自分自身がお客さまになったつもりで店舗内を歩いたりして、家具や商品の配置を決めましょう。

 

やり過ぎにも注意が必要

ただ服を並べただけのアパレルショップには面白みがありませんので、コンセプトに合ったインテリアを買い揃えたり、独自の内装を検討したりすることになります。
ところが、設備面にお金をかけすぎ、後々回収に苦労することがあります。店舗を新規オープンさせる際の初期費用は、抑えれば抑えた分だけ後の経営が楽になります。
コンセプトを決めたり、それに沿った店舗デザインを実現することは、その後の集客にかかわる大切なことですが、希望のレイアウトが高額なのに無理をして、取り返しのつかない負債になることもあります。商品以外の部分にお金をかけすぎて、「売上は悪くないのに返済が大変で赤字」ということにならないように注意しましょう。

 

まとめ

アパレルショップで成功するために、服のデザインだけでなく、店舗デザインについても、ブランドコンセプトやターゲット層の好みなどに合わせてこだわりたいところです。レイアウトやデザインは、費用に気をつけつつ、信頼できる業者と慎重に検討を進めましょう。