フランチャイズと独自開業のメリットとデメリットは?

フランチャイズと独自開業のメリットとデメリットは?イメージ画像

飲食店やコンビニ、清掃業者、塾、介護、エステなど、フランチャイズが行われている業種は多岐にわたります。新たに独立開業しようと考えたとき、こうしたフランチャイズを利用するのと、独自開業をするのとでは、何が違い、どちらが良いのでしょうか。
い点だけを見るのではなく、双方のメリットとデメリット両方を知った上で検討しましょう。

 

フランチャイズのメリット

すでに業界で一定の地位を築いている大手フランチャイズチェーンを選択することで、最初から高いネームバリューを得ることができます。人気のブランド店だった場合、宣伝に力を入れなくてもオープン初日から来客が途切れないということもあり得るでしょう。
さらに、商品開発やメニュー制作、内外装デザインなどはすべて本部が決めるため、ひとつひとつを検討して悩んだり、企画を考え込む必要がありません。開業に当たって決めなければならないことは大幅に削減されます。
また、仕入れも本部を通して行うことが多く、最初から決まっています。ルート開拓などの面倒なやりとりをすることなく自分のお店が持てるというのは大きなメリットであると言えるでしょう。

 

フランチャイズのデメリット

フランチャイズの最も大きなデメリットは、ロイヤリティを支払わなければならないということです。フランチャイズ店では、開業時だけでなく、月々の売上の中からもロイヤリティも支払わなければいけません。ロイヤリティは、定額である場合、「売上の○%」「粗利の〇%」などと決められている場合などがあります。実際に当初の見込み利益が上がらない場合もありますが、そのようなときでも、ロイヤリティの支払いは発生します。

また、経営戦略は本部主導で行われるため、独自メニューなどは展開できない場合が多くなり、販売金額なども指定されることがほとんどです。さらには、同一エリアに同一チェーンの店舗ができて客の取り合いになる可能性もあります。
流行り廃りが激しい業種や店舗の場合は、上記に加え、ユーザーに飽きられてしまう恐れもあります。そうした状況でも、集客のための独自戦略が制限されることは多いでしょう。

 

独自開業のメリット

独自開業をした場合は、当然ですが、月々の売上からロイヤリティを用意する必要がありませんので、金銭面で有利です。

自分の作りたい「理想のお店」がある場合や、「これをやりたい!」という希望がある場合、自分の店舗であればどんどん挑戦していくことができます。店舗デザイン、メニュー、広告戦略などについては、費用が許す限り、すべて自分の責任において、好きなように作ることができます。ひとりですべてを準備しなければいけない反面、自由度の高い経営が可能なのが独自開業なのです。

 

独自開業のデメリット

仕入れルートの構築や内外装工事、メニュー作りなど、すべてを自分ひとりで決めなければならないため、ノウハウを持たない場合、大きな労力や資金が必要になる可能性があります。
広告なども、すべて自分が裁量を持ちます。周囲の方に知ってもらい、常連客や固定客をつかめるまでには、長い時間がかかる可能性もあるでしょう。
提供する商品についても、自分で考え販売することになるため、一定以上のクオリティを実現して維持できなければ、見限られてしまう懸念があります。

 

まとめ

フランチャイズも独自開業も、メリットとデメリットの両方があります。経営に興味があり、最初から多くの人が訪れるお店を作りたい場合は、フランチャイズにメリットがあるかもしれません。一方、自分の夢を叶えるためであれば、独自開業にチャレンジしたいところでしょう。情報やお金を十分に準備して取り組み、安易な選択をせずに慎重な吟味を重ねましょう。