薬局の開業に必要な条件とは?

薬局の開業に必要な条件とは?イメージ画像

ちょっとした体調不良のときや、病院で処方箋をもらったときなどに訪れる薬局は、人々の暮らしに密着した、なくてはならない存在です。そんな薬局を新しくオープンするためには、どのような手続きが必要なのでしょうか。薬局開業のメリットや成功させるためのポイントと合わせてご紹介します。

 

薬局とドラッグストアでは業務が違う

薬局とドラッグストアには、明確な違いがあるのをご存知でしょうか。
薬局は、医師からの処方箋に基づいて調剤を行える店舗であり、店舗管理者として薬剤師を置く必要があります。
一方のドラッグストアでは、調剤を行うことはできませんが、医薬品の販売については行えます。ドラッグストアの店舗管理者には、薬剤師もしくは登録販売者が置かれます。

登録販売者というのは、薬剤師よりも取得しやすい資格で、取得することで、第二類、第三類医薬品の販売が可能になります。一方、第一類医薬品は薬剤師でないと販売ができません。
そのため、登録販売者しかいないドラッグストアでは第一類医薬品を販売することはできません。

最近ではドラッグストアに調剤薬局が併設しているお店も多くなっています。

 

薬局の開業に必要なこと

薬局には薬剤師が必要ですが、必ずしもオーナー自信が資格を持っている必要はありません。店舗管理者として薬剤師を置くことができるのであれば、資格がなくても薬局をオープンさせることは可能です。

ただし、調剤薬局を開業するためには、物件に関する基準や医療機関などと無関係であることなどの条件を満たす必要があります。内装についても、調剤室の広さなど細かい規定があるため、これらについて専門の工事業者と相談しながら進めていくのが良いでしょう。

開業する際は、管轄の保健所に薬局開設許可の申請を行って許可を得ます。
また、処方箋を取り扱うためには、「保険薬局」の指定を受ける必要もあります。

 

開業のメリット・デメリット

薬局を開業するメリットには、次のようなことがあります。

  • 自分の理想の薬局を作れる
  • 定年にとらわれずにいつまでも働ける
  • 事業が成功すれば高額な収入を得られる
  • 働き方が自由

一方、デメリットとしては以下のようなことが挙げられます。

  • 経営が安定しない可能性がある
  • 従業員や薬局に対する責任が生まれる
  • 仕事とプライベートが混同されがちになる
  • 経営手腕を問われ、収入が減少することもある

薬局を開業するときは、メリットとデメリットの両方を検討して、自分に向いているかどうか検討しましょう。

 

薬局開業を成功させるためのポイント

薬局は、ほかの業種に比べて「立地」が成功を左右する大きなポイントになります。周辺に総合病院などの大きな病院がある薬局は、それだけで一定数の集客が見込めるでしょう。
また、複数の薬局がある場合は、先に出店した方が有利となるため、新規オープンする病院の店舗前などに物件を確保できれば、成功を収められる可能性もより高くなるでしょう。

立地の次に大切なのが、物件の内外装です。総合病院の近くには複数の薬局があることも珍しくありません。その中で「ここに入ろう」と思わせる、清潔感や安心感を感じられる外装を意識することと、調剤を待つ間も居心地よく過ごせる内装を意識することが大切です。

病院を訪れた患者がどう行動し、どこに目を留めて薬局に入ることになるのか、といったことまで意識して物件や外観デザインを決めていきましょう。
医療機関や薬局の店舗デザインやコンサルティングを専門に行っている業者に依頼するのがおすすめです。

 

まとめ

薬局の開業には、特別な免許は必要ありません。しかし、実際の開業にあたっては、認可を得る条件を満たす物件探しや内装デザインなど、様々な知識とノウハウが必要となります。プロのコンサルティングを利用して効率良く進めましょう。