居酒屋を開業するときの注意点を紹介

居酒屋を開業するときの注意点を紹介イメージ画像

飲食店経営が初めての人でも、ちょっとしたおつまみや食事とお酒を提供する居酒屋であれば、チャレンジしやすいのではないでしょうか。そんな居酒屋を開業するときに必要となる資格や手続き、成功させるために考えておきたいことなどについてご説明します。

 

居酒屋開業のメリット

居酒屋のメインはもちろん「お酒」です。お酒は、一度仕入れてしまえば調理の必要もなく、提供が簡単で利幅も大きいため、非常に優れた商材です。おつまみ類にも利益率がよいものが多いので、居酒屋は利益を上げやすい業種だと言えるでしょう。
売上も基本的に来店者が帰る際に即回収できるため、回収できなかったり回収までにタイムラグがあったりするリスクがありません。

また、居酒屋には他店との差別化がしやすいというメリットもあります。出すお酒が日本酒メインなのか、ビールメインなのか、カクテルメインなのかというだけでも、棲み分けできます。そのため、居酒屋間で価格競争になりづらく、つぶし合いを回避しやすいと言えます。

 

開業に必要な資格と手続き

居酒屋を開くためには、「飲食店営業許可」を得る必要があります。この許可は、店舗の内部デザインや厨房機器の設置状況などまでチェックした上で取得できるものですから、内装工事に入る前に保健所に相談に行きましょう。
また、営業許可を取得するためには、「食品衛生責任者」を決めることも必要です。食品衛生責任者には、調理師免許や栄養士免許などを持っている人や、食品衛生適任者養成講習を受けた人がなることができます。こうした免許を持っていない場合は講習を受けましょう。

居酒屋の営業時間は、主に夕方から深夜です。午前0時を過ぎて営業する場合は、「深夜酒類提供飲食店営業」の届け出も出します。この届け出は、お店があるエリアを管轄している警察署に対して行います。

最後に、防火管理者の選任です。これは、30人以上が収容できる店舗や建物をオープンする場合に必要になるものです。指定の講習を受けることでなることができますから、該当する場合は受けておきましょう。届け出は所轄の消防署で行います。

 

成功させるにはコンセプトが大切

居酒屋に限らず、飲食店を成功させるためには、何をコンセプトにするかが大切になります。店舗の魅力に直接つながるものですから、オープン前に十分練っておきましょう。
コンセプトを決めるときは、「売りにしたいアイディア」をもとに、「お客さんがお店に行きたいと思う魅力」について考えてみてください。

 

内装デザインとコンセプトの関係性

消費者がお店を選ぶときに、最初に目にするのは外観で、次が内装です。特に内装は、お店全体の雰囲気を左右する重要なものです。
内装はコンセプトに沿って決まるべきものですから、すべて業者任せにしてしまうのはおすすめできません。どのようなお店づくりをしていきたいのか、どういうコンセプトのお店で、誰がターゲットなのかといったことについて、細かく打ち合わせましょう。具体的な予算や希望するデザインがある場合は、合わせて伝えます。

内装デザインを依頼する会社を選ぶ際は、過去に飲食店の施工実績があるところを選びましょう。過去の実績を公開している企業であれば確認し、自分の希望とマッチするかどうか検討しましょう。実績があれば、飲食店営業許可についてもわかった上でデザインを考えてもらえますし、よりよい店にするためのアドバイスももらえるはずです。

 

まとめ

居酒屋は利益率が高く、参入しやすい業種です。しかし、だからといって簡単に成功できるわけではありません。成功するためには、しっかりコンセプトを考えた上で、それをアピールできる内装デザインを行うことが大切です。