焼肉店の開業にはどんな準備が必要?

焼肉店の開業にはどんな準備が必要?イメージ画像

焼肉店を開業するにあたっては、必要な資格や届け出、資金について知っておくことが重要になります。これらのポイントや注意点をまとめましたので、焼肉店の開業を目指す方は参考にしてください。

 

焼肉店の開業で必要な資格

焼肉店は飲食業のひとつですから、保健所などに営業開始を届け出る必要があります。

まず、食品衛生責任者を定めなければいけません。これは、調理師や栄養士などのほか、定められた講習を受けた人であればなることができます。 食品衛生責任者が決まったら、次に保健所に営業許可の申請をします。営業許可申請は、お店を管轄するエリアの保健所で行いましょう。

また、店舗や建物の収容人数が30人を超える場合は、防火管理者も設置する必要があります。防火管理者は、防火管理講習を受けた人や一定の要件を満たす人がなれるもので、消防署に届け出ます。

なお、焼肉店をオープンするためには「調理師免許」は必要ありません。しかし、持っていれば売りのひとつになるでしょう。

 

焼肉店の開業資金

焼肉店は、それぞれの席に肉を焼くためのコンロや七輪、網などを用意されているのが大きな特徴です。そのため、一般的な飲食店に比べて設備費用がかかりがちで、なおかつ1席あたりの面積も広めにする必要があります。
このことから、焼肉店の開業資金は800万円から2500万円程度と言われ高額になっています。

しかし、居抜き物件を利用することができれば、開業にかかるコストを大幅に削減できるでしょう。居抜き物件とは、前の店が利用していた設備をそのまま引き継いで営業を行える物件のことです。

 

開業時の注意点

焼肉店を開業するときは、まず、個人でお店を開くのか、フランチャイズに加盟するのかを決めます。フランチャイズに加盟すれば、知名度だけである程度の集客が見込めますし、経営に関するノウハウや仕入れルートなども最初から手に入った状態で経営を始められます。
しかし、毎月フランチャイズ料を支払う必要があり、本部や別の加盟店が問題を起こしたときに影響を受ける可能性もあります。

個人店であれば、自分が理想とするお店を作れますし、フランチャイズ料も必要ありません。反面、知名度アップや集客のための工夫もすべて自分自身で行わなければいけないというデメリットもあります。
さらに、ターゲット設定についてもいちから考える必要があります。接待や記念日に利用されるような高級焼肉店なのか、ファミリー向けのスイーツなども取りそろえたリーズナブルな焼肉店なのか、または駅前に多い大衆的でお酒の種類も豊富な焼肉店なのか――こうした選択肢によって、内装やメニュー、立地も変わってきます。

 

内装のポイント

焼肉店では、各座席で火を使うことから、空調と排気に関する工事が非常に大切です。無煙ロースターや七輪フードなどの煙対策も必要になるため、内装工事費用は高額になることが想定されます。
前述の居抜き物件はこの点もカバーしてくれます。ただし、居抜き物件ならなんでもよいというわけではありません。焼肉店独自の設備を利用することが居抜き物件を選ぶ目的ですから、焼肉店以外の飲食店の居抜き物件では意味がありません。

内装のデザインについては、コンセプトに合わせて設計する必要があります。しっかりしたコンセプトを内装に落とし込めていないと、来店者のリピートにつなげることは難しいでしょう。高級店なのにチープな内装であったり、ファミリー向けなのにやたらシックであったりするようでは、来店を促せません。

 

まとめ

焼肉店は、ほかの飲食店に比べて初期費用がかさむものです。コストを削減するために、可能であれば焼肉店の居抜き物件を利用しましょう。ターゲットを明確にしてそれに合わせた物件選びや内装デザインを実現し、顧客満足につなげましょう。