飲食店の開業時にコンサルティングしてもらうメリット

飲食店の開業時にコンサルティングしてもらうメリットイメージ画像

「コンサルタント」と聞いたときに思い浮かべるのは、いったいどのような方でしょうか。「転職コンサルタント」や「経営コンサルタント」などは、耳にすることの多いかもしれません。実際には、「飲食店の開業時に利用できるコンサルタント」もいるのです。
飲食店を開業するときにコンサルタントを利用するメリットについて考えてみましょう。

 

廃業率が高い業界

特に都市部の景色は、日々移り変わっています。数カ月前に訪れたときにはなかったお店がオープンしていたり、行こうと思ったお店が閉店していたりということも珍しいことではありません。
特に飲食業界は、自分の腕一本で開店することができますし、参入も容易であることから、頻繁に新しいお店がオープンしています。しかし、その後も長く経営を続けていくことができる飲食店はほんの一握りです。
飲食店が長く経営を続けるためには、通りすがりの客やオープン直後の物珍しさから来店する客だけでなく、「ほかのどこでもなく、このお店が好き」というリピーターを多く持つ必要があるでしょう。
魅力的なコンセプトを持つことは、その強い方法の一つです。

 

コンセプトづくりをするタイミング

飲食店のコンセプトは、実際に開業する前に作っておく必要があります。コンセプトは、店舗の立地やメニュー、内装にもかかわることですから、事前に定まっていなければならないからです。
しかし、実際に飲食店をオープンするとなると、資金繰りや各種の届け出、競合店や市場の調査、店舗契約、工事業者の選定、人材確保や育成など、しなければならないことが数多くあり、なかなかコンセプトを練ったり見直したりする時間が取れないこともあります。

 

コンサルティングにより繁盛店を目指せる

「売り出したい看板メニューははっきり決まっているからコンサルティングは必要ない」と考える方もいるかもしれません。
しかし、実際にコンサルティングで大切なのは、「それを売り出すために必要なビジネスモデルはどのようなことか」、「そのメニューの魅力を最大限に活かす方法はなにか」ということです。
コンセプトの核となるものは決まっていても、それを突き詰めて経営計画を作ったり、飲食業界のトレンドを意識した売り出し方を考えたりすることはしていないという方も多いのではないでしょうか。
プロにコンサルティングをしてもらうことで、「自分の希望を実現させた上で成功する」お店づくりのためのサポートを受けることができます。
さらには、人材育成やメニュー作成、マニュアル作成、物件選びなどについてもトータルで相談でき、初めての開業で不安があるという方でも、安心して開業準備を進めることができるでしょう。

 

開業コンサルティングの選び方

お店の経営に深くかかわるからこそ、コンサルティング会社は慎重に選ばなければいけません。
まず、飲食業界に詳しい必要がありますから、専門分野が飲食であることは必須です。飲食業界でのコンサルティング経験が豊富で、実際にコンサルティングを受けた飲食店が長く経営を続け、成功しているといった実績があるところを選びましょう。
さらに、人と人との付き合いになるため、相性も大切です。実際に会って話をしてみて、話がわかりやすいか、ストレスは感じないか、価値観や考え方が自分と合っているかなどから判断しましょう。

 

まとめ

開業コンサルティングを利用することで、飲食店経営が初めての方や、以前うまくいかなかった経験がある方でも、自分の希望を反映させた店舗を良い形でオープンさせることができるでしょう。プロの目で客観的に店舗経営をサポートしてもらい、より良いお店づくりを目指してください。