冬のボーナスなしが約半数! 年末年始のお金の使い方

冬のボーナスなしが約半数! 年末年始のお金の使い方イメージ画像

年末年始に消費者がどのようなお金の使い方をするのか気になっているショップ経営者の方は多いのではないでしょうか?
今回は2015年12月に保険代理店のアイリックコーポレーションが運営するウェブサイト「保険クリニック」が発表した、年末年始の過ごし方とお金の使い方に関するアンケート調査の結果をご紹介します。
今年の年末年始にも共通する内容となっていますので、ぜひ参考にしてみてください。

年末年始は40%の人が家で過ごしている

20~60歳の女性500人を対象にしたこの調査では、まず年末年始の予定について質問をしています。
その結果は以下の通りです。

Q.年末年始はどう過ごす予定ですか。
出かける:59.6%
出かけない:40.4%

年末年始は何かとイベントが多い時期であるにもかかわらず、なんと40.4%(202人)の女性が「出かけない」と回答しています。
この結果を踏まえた上で、続いては年末年始のお金の使い方について見ていきましょう。

年末年始のお金の使い方

Q.年末年始に何を買う予定ですか。
おせち、年末年始用の食材:238人
年賀状:198人
お正月飾り:142人
初売り、バーゲン:118人
宝くじ:78人
福袋:73人
その他:6人
特に普段と変わらない:136人

年末年始に購入を予定しているものについては、最も多かったのが「おせち、年末年始用の食材」、次いで「年賀状」という結果になりました。
物販店は年末年始にお正月飾りや福袋よりも、おせち料理を積極的に売り出したほうが売上に繋がるかもしれません。

Q.冬のボーナスは夏のボーナスとくらべてどうでしたか。
上がった:4.6%
夏と同じ:10.6%
下がった:5.0%
まだもらってない:31.2%
なし:48.6%

冬のボーナスについては半数近くが「ボーナスなし」と回答。
「まだもらってない」と答えた人も多いものの、「上がった」と回答したのはわずか4.6%となっています。

Q.今年は昨年と比べて、経済的にどうでしたか。
今年の方が楽だった:6.2%
変わらない:56.6%
今年の方が厳しかった:37.2%

〇調査概要
サンプル数:女性500人
年齢:20歳~60歳
調査方法:Webアンケート
調査期間:2015年11月30日~12月2日

2014年に比べた2015年の経済的状況については、「今年の方が厳しかった」(37.2%)と答えた方が「今年の方が楽だった」(6.2%)を大きく上回っています。
年末年始に出かける予定を立てていない人が多いのは、経済的状況が大きく関係しているのかもしれません。

年末年始は売り方に工夫を

今回の調査結果からは女性の消費マインドが低下していることが分かりますが、それが逆にビジネスチャンスに繋がるショップもいくつかあるのではないでしょうか。
たとえば年末年始に外出しない女性が多いのであれば、飲食業関連だと調理の必要がないお惣菜を購入したり、出前・宅配サービスを積極的に利用することが考えられます。
また冬にボーナスがもらえなかった女性が多いのであれば、良い商品を低コストで手に入れるために初売りやバーゲンに積極的に参加することが考えられるでしょう。
自身のショップではどのようなチャンスがありそうか、ぜひ今のうちから考えてみましょう。