集客に役立つO2Oアプリ作成サービスとBGM配信サービスが連携

集客に役立つO2Oアプリ作成サービスとBGM配信サービスが連携 イメージ画像

公式ホームページや公式アプリを作って自分の店舗を宣伝したいけれど、それを作成する技術やコストがないとお困りの店舗経営者の方も多いのではないでしょうか?
ここでは簡単に店舗公式アプリが作成できる「店舗アプリ」と、その連携サービスである店舗向けBGM配信サービス「DoMUSIC」についてご紹介します。

「店舗アプリ」とは?

「店舗アプリ」とは、株式会社トランスメディアGPが2013年6月より提供を開始した、国内最大級のリアルO2O(Online to Offline)アプリ作成サービスです。
パソコンではもちろんのこと、スマートフォン端末でも簡単に店舗用のO2O公式アプリを作成することができ、アプリを通して潜在顧客に店舗の情報を発信することができます。
またリアル店舗の再来店に非常に重要なイベントやキャンペーン、クーポン発行、スタンプカードといったお得な情報を、アプリを通してリアルタイムで発信することも可能。
その利便性が好評を得て、2016年11月時点で利用店舗数は3,000店を超えているといいます。

「DoMUSIC」とは?

「DoMUSIC」とは、エヌ・ティ・ティ・メディアサプライ株式会社が2013年4月より提供を開始した、インターネット経由で店舗や施設向けのBGMを配信する音楽配信サービスです。
飲食店、ホテル、フィットネスクラブなど、さまざまなシーンに対応した1300を超えるチャンネルが用意されており、利用店舗は著作権料を払うことなく、それらのBGMを店舗内で流すことができます。

〇「店舗アプリ」と「DoMUSIC」の事業提携でどうなる?
2016年11月1日に「店舗アプリ」と「DoMUSIC」が連携したことによって、「店舗アプリ」を利用する店舗はオプションサービスとして「DoMUSIC」のサービスを利用できるようになり、店舗公式アプリとBGMアプリによるスマートなオムニチャネルの充実化を図ることができるようになりました。
ひとつのアプリで「店舗公式アプリ」と「店内BGM」の管理をすることができるので、店舗の運営者にとっては、別々にアプリを立ち上げて操作をする必要がなくなるという大きなメリットがあります。
ちなみに「店舗アプリ」は「DoMUSIC」との提携と同時期に、株式会社エヌ・ティ・ティマーケティングアクトが提供する「多言語翻訳サービス」との業務提携も開始したとのことです。

居心地の良い空間を目指して

店舗を訪れたお客さんに店内を居心地良く過ごしてもらうための工夫には、さまざまな方法が考えられます。
従業員が提供するサービスの質を高くするのはもちろんのこと、有線放送や「DoMUSIC」を使って店内に心地良いBGMを流せば、お客さんに「耳」を通して快適さを提供できることでしょう。
ぜひみなさんの店舗でも、「DoMUSIC」と連携したことでさらに便利になった「店舗アプリ」を活用してみてはいかがでしょうか?