飲食店も融資を受けるのに必要? 事業計画って何?

飲食店も融資を受けるのに必要? 事業計画って何?イメージ画像

飲食店を開業するためのマニュアルなどにしばしば登場するのが、「事業計画」です。この事業計画は、一体どのような時に必要となる、どんなものなのでしょうか。事業計画を作らなければ開業ができないのか、どのように作ればよいのか、事業計画の具体的な活用法と合わせてご紹介します。

事業計画は融資のためだけにあるのではない

事業計画は、開業時の融資に絡んで語られることが多いものです。確かに、事業計画書は、融資を受けて開業をする場合に絶対に必要になります。しかし、そもそもの事業計画自体は、融資を受けるか受けないかに関わらず、新しく飲食店を開業してビジネスを始めるのであれば、きちんと立てておく必要があるものです。

たとえ融資を受ける必要がない場合でも、事業計画書を作ってみることで、事業の展望や将来性、目標について可視化することができます。そのため、必要か必要でないかに関わらず、開業の構想を練っている段階で、まずは一度事業計画書を作ってみることが大切です。

事業計画とは

事業計画とは、事業をどのように運営していくかという計画のことです。飲食店経営も、他の企業運営と同じく「事業」ですから、ひとつのプロジェクトとして具体的な立案や運営についての計画を立てておく必要があります。 事業を始めるきっかけや、ウリになるセールスポイント、資金計画などについて、第三者がひと目でわかるように事業計画をまとめたものが、「事業計画書」です。

融資に事業計画書が必要となるのは、融資元に対して、事業が成功する見込みがあるということをアピールするためです。経験の有無や採算がとれる見込みがあるのか、どのような客層が対象の飲食店で、どうやって集客していくのかといったことをまとめてPRをすることで、将来性を認められれば融資が受けられます。

売上についての事業計画を立てる

事業計画書には、開業に至るまでのオーナーの経歴や、どうして開業しようと考えたのかといった事柄なども記載することになりますが、やはり一番の中心となる内容は、資金繰りについてです。
どれほど実績がある人で、どんなに魅力的な店舗でも、経費と売上のバランスが取れていなければ成功することはできません。飲食店の事業計画を立てる際は、必ず売り上げと経費について計算しておく必要があります。

飲食店の売り上げは、総座席数×満席率(どの程度客が入るか)×回転率(その席の客がどのくらい入れ替わるか)×客単価で予想することができます。時間帯によって客の入りや単価も変わりますから、ランチタイム、ティータイムなど、時間別に求めて合算してみましょう。
実際にそれだけの集客が見込めるかはさておいて、まずは、この見込み金額が支出予定額を上回らなければいけません。

資金繰りについての事業計画を立てる

具体的な売り上げの予想が立ったら、そこから経費を差し引いて利益を計算します。
経費とは、家賃、人件費、仕入れ、その他のコストを総合した金額です。実際にいくらかかるかは開業してみないとわからない部分もありますが、概算で必要額を考えてみて下さい。その他のコストには、水道光熱費や電話代のほか、宣伝費や文房具といった仕入れ以外の経費も含まれます。

売り上げの予想額から経費の予想額を引くことで、利益の予想額を求めることができます。もしもこれがマイナスになってしまうようであれば、事業計画がうまくいっていないということになりますから、見直しを行いましょう。また、反対に、かかる経費がはっきりした時点で、総座席数とメニュー単価から必要な満席率と回転率を逆算することもできます。

まとめ

事業計画は、飲食店を成功させるために必要なものです。融資を受ける場合はもちろん、融資を受けない方であっても、一度作ってみると良いでしょう。特に大切なのは、売り上げと支出のバランスを見ることです。赤字にならないように資金計画を立てましょう。
よくわからないときや自信がないときは、税理士やコンサルタントなど、第三者の客観的なアドバイスも有効です。