必要な開業資金は一体どうやって調達する? 3つの方法を紹介!

必要な開業資金は一体どうやって調達する? 3つの方法を紹介!イメージ画像

飲食店開業のための資金は、莫大な金額にのぼります。こうした開業資金を用意するためには、どのような方法があるのでしょうか。まずは選択肢を知っておくことで、自分に合った方法を見つけることができます。
ここで改めて、飲食店を開くために必須の資金調達方法について考えてみましょう。

資金の調達方法にはいくつか種類がある

飲食店の開業に必要なお金は、数百万円から一千万円を超えることもあります。これは一般的に見ても非常な大金ですから、貯蓄で賄うことができるという方はそれほど多くないのではないでしょうか。

自分のお金で開業資金の全額を用意できない、あるいは足りるかどうかギリギリであるという場合は、外部から資金を調達する必要があります。資金の調達方法はいくつかあるため、どのような手段が取れるのかご紹介します。

日本政策金融公庫から融資を受ける

新しく飲食店などの事業を始める際、よく利用されるのが、日本政策金融公庫の融資です。日本政策金融公庫とは、事業資金の融資を行っている国の金融機関ですから、安心してお金を借りることができます。

一定の条件に該当する必要はありますが、新規開業資金として、7,200万円を限度に融資を受けることが可能です。また、新規開業資金を利用する場合、3,000万円以内(うち運転資金1,500万円以内)に限って、担保や保証人が不要の「新創業融資制度」が利用できる場合もあります。
性別や年齢、現在の状況などによって利率なども異なるため、利用を検討している方はまず相談してみると良いでしょう。相談は、全国各地の日本政策金融公庫の支店で行うことができます。創業を考えている場合は、各地区の管轄の「国民生活事業」窓口を訪ねましょう。

制度融資を利用して資金を調達する

制度融資というのは、各都道府県などの地方自治体が、その地区の金融機関と提携して行っている融資です。これは、その地域で企業活動を行っている中小企業経営者が融資を受けやすくするために、設立されているものです。中小企業経営者にとって、銀行などから直接融資を受けるのは難しい場合もあります。そのような時でも、制度融資を利用することで、資金調達がしやすくなるのです。

制度融資を利用できるのは、中小企業経営者だけではありません。飲食店の新規開業時にも、制度融資を利用した融資が受けられる可能性があります。
ただし、制度融資を利用する場合は、信用保証協会の保証料がかかる点に注意が必要です。最初にお金を用意する必要はありませんが、融資金利に上乗せされてしまうため、その分金利が高くなってしまうのです。信用保証料率は自治体や貸付条件によって異なります。自治体によっては、信用保証料を一部補助してくれる制度を用意している場合もあるため、こちらも一度相談に行ってみると良いでしょう。相談窓口は、各自治体の商工会議所などです。

親戚や知人、オーナーなどから融資を受ける

公的機関だけでなく、個人的に親戚や友人、知人、店舗オーナーなどから融資を受ける方法もあります。こうした個人間でのお金のやりとりは、第三者を挟まず、内内で行うことも少なくありませんが、後のトラブルを避けるためには、きっちり借用書を用意することが必要です。
手軽に思える方法かもしれませんが、個人間のやりとりは人間関係も影響するのでトラブルの原因にもなりやすいものです。慎重に進めるようにしましょう。

まとめ

開業後、経営が軌道に乗るには半年以上かかると言われています。安全に十分な資金が準備できるよう、調達方法を考えておくことが必要です。自己資金で賄えるのが一番安心ですが、数百万円にものぼる金額を用意するのは困難な場合も少なくありません。そういう場合は、上記のような手段をうまく活用し、資金を調達しましょう。