「深夜酒類提供飲食店営業開始届」が必要なのはどんな時?提出時に必要な書類は?

「深夜酒類提供飲食店営業開始届」が必要なのはどんな時?提出時に必要な書類は?イメージ画像

飲食店をオープンするときには、いろいろな届け出が必要になります。その中には、絶対に提出が必要な届けと、業態によって提出が必要になることのある届けの2種類があります。ここでは、後者に分類される「深夜酒類提供飲食店営業開始届」についてご説明します。

深夜酒類提供飲食店営業届とは

深夜酒類提供飲食店営業届は、名前の通り、深夜に渡ってお酒を提供する飲食店をオープンするときに提出が必要になる届けです。深夜0時から午前6時までの間に主にお酒を提供する飲食店をオープンしたいときは、開店の10日前までに届けを出しましょう。

届け出る場所は、所轄の警察署です。飲食店の営業許可をもらうのは保健所ですが、この届け出については警察署が担当になるので間違えないようにしましょう。なんとなく身構えてしまう方もいるかもしれませんが、警察署にはこのような書類の提出窓口も設けられていますから安心してください。

深夜酒類提供飲食店営業届が必要ない場合

深夜0時以降に酒類を提供する場合でも、深夜酒類提供飲食店営業届が必要ない店舗もあります。 例えば、ファミリーレストランや回転寿司店で、ビールなどを提供している場合です。お酒があったとしても、主に提供されているのは食事だからです。ファミリーレストランや回転寿司店に飲酒を主目的として行く方はあまりいませんよね。 このようなお店については、深夜0時以降に酒類を提供していても、深夜酒類提供飲食店営業届は必要ありません。

深夜酒類提供飲食店営業届は、バーや居酒屋のように、お酒の提供が主となる飲食店を経営する場合に必要な届けだということを覚えておきましょう。もし、オープン予定のお店が該当するかどうかわからないという場合は、事前に相談に行ってみることをおすすめします。

深夜に酒類を提供する場合の注意点

深夜に酒類を提供するためには、満たさなければいけない条件がいくつかあります。届けを出す前にチェックしておきましょう。

  • 客室への出入り口に鍵がかけられる構造にしないこと
  • 客室の見通しを邪魔するものがないこと
  • 明るさが20ルクス以上あること
  • 客室床面積が9.5㎡以上あること(客室が1室の場合は規制なし)
  • 店舗の所在地が定められた地域内であること(住居専用地域などは原則として禁止)

その他、風俗営業許可が必要になるような業態でないこと(客の接待を行ったり、遊興させたりする場合は風俗営業許可が必要になります)など、さまざまな条件が定められています。 具体的な内容については、各所轄の警察署に問い合わせるか、行政書士などの専門家に確認しておくと安心です。

深夜酒類提供飲食店営業開始届の提出時に必要な書類は? 必要な書類は、各地域によって異なります。管轄の警察に問い合わせをするようにしてください。 なお、参考までに東京都の場合を見てみましょう。

  • 深夜における酒類提供飲食店営業営業開始届出書
  • 営業の方法を記載した書類
  • 営業所の平面図
  • 住民票(本籍記載のもの。外国人にあっては国籍記載のもの)の写し
  • 法人の場合は、定款・法人登記事項証明書及び役員全員の住民票(上に同じ)

このうち、「深夜における酒類提供飲食店営業営業開始届出書」と、「営業の方法を記載した書類」については、警視庁のHPでひな形をダウンロードすることができます。

まとめ

深夜0時以降もオープンしているお店のすべてが「深夜酒類提供飲食店営業開始届」を出さなければいけないわけではありません。しかし、酒類を主に提供する飲食店の場合は、細かい要件を満たして許可を得る必要があるため、オープン間近に慌てることがないよう、早めに相談をしにいきましょう。