お客様の声|ブリスクリニック様

UT-SHOP クリニックの施工実績

お客様の声|ブリスクリニック様イメージ画像

こちらの求めるものを理解してくれる、という確信がありました。


BLISS CLINIC
院長 田尻豊和 様

経験と知識に基づいた適切な医療を

私は大学病院勤務やクリニックの院長として、形成外科および美容外科、そして救命まで幅広い経験を積んできました。これまで培った多くの経験と技術で、日々一人の医療人として誠実に患者様と向き合っています。

また、もともと制作やデザインが大好きでDIYをはじめ、部屋のリフォームなども積極的に携わってまいりました。このような性分から美容外科医としても施術後の仕上がりの美しさと安全には絶対の自信があります。このほか「アンチエイジング」といわれる抗加齢医学も専門としており、どのような外見にするのかだけでなく、いかに健康に生き生きと過ごせるかも診療のテーマにしています。

私たちのBLISS CLINICは形成外科、美容外科、美容皮膚科のクリニックです。美容という診療科は特殊で狭い分野だと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、形成外科はもとも頭の先からつま先まで、全身を診る診療科です。どうすればより一層美しくなるかを追求して診療していました。

私自身救命医をしていた時期もあり、これまでの経験から万が一問題が生じた際にもいかなることにも対応できるような、高い技術水準を備えた形成外科のクリニックを運営できると自負しています。そのようなポリシーで診療を行う形成外科だからこそできることはとても多いと考えています。たとえば傷を治すにしても、まぶたの手術をするにしても他院との差別化を意識したスタンスを常に心掛けています。

皆さまにお越しいただきたい保険診療とは別の話として、自費診療に関しまして、美容のターゲットは、時間と経済的な余裕がある40代以降の女性が主になると考えています。経営戦略として若い層に向けて価格を安くしコストリーダーを目指すという方法もあり、実際にそういったクリニックも多数存在します。しかし私たちが目指すクリニック像は違います。きちんと落ち着いた雰囲気でありながら、価値のある医療を誠実に提供すること。当院に通院していることを誇らしく思っていただける、クリニックのブランドを愛していただける、そういった存在でありたいと思っています。

担当者さんとの相性が大きかった

一年ほど前から独立準備を始めていました。医学博士や専門医なども取得し、臨床経験も十分に習得した自信がありましたので、医者として区切りの良い年だと感じていました。これまで他院での院長経験が2院あり、それら台所の切り盛りの経験が糧となり、実際にクリニックを運営する際に、どこにどのくらい何が必要かということは見当がついていました。また、いままでのサラリーマンとしての勤務医時代には実現できていなかった真の提供したい医療に対する理想は私の中にありました。

アイデアは膨らんでいたのですが、まずは最も重要なクリニックのハコを作るにあたり、私のイメージを実現してくれる感性がいいデザイナーさんがいないものだろうかと、ずっと探していました。福岡市内対応可能な会社で、ユニオンテックさんを含めて10社ほどの会社にデザインコンペと見積もりをお願いしました。その中でデザイン性と金額とを総合的に判断した結果、ユニオンテックさんへお願いしようと決めました。

デザインはもちろんのこと、担当者さんとの相性の良さも大きかったです。担当者さんは男性でしたが、これまでの経験が豊富だったので、女性に好かれるクリニックを作るうえで不安はありませんでした。

また、これまでネット上で内装の写真を探して気に入ったものを集めていたのですが、「こういうのがいいんです」と言って私が提示した写真の中に、実はユニオンテックさんの手掛けたものがいくつかあって、知らないうちに好きなデザインとしてユニオンテックさんのデザインを集めていた、ということが契約後にわかりました(笑)。意外と担当者さんも初めは自分の会社のデザイン写真だと気が付いていなかったようで、お互いこれには驚きました。具体的な話をする前から、気付かないうちにもうユニオンテックさんを気に入っていたようです。

こちらの求めるものを理解してくれるに違いない

デザインの提案の際のCGも良かったです。他社さんは手書きというところもあったり、急いで都合をつけたような簡便なCGも多かったのですが、ユニオンテックさんはセンスの良いデザインで、かつとてもリアルなCGをご用意してあったのでイメージしやすく他社よりも魅力を感じました。もちろん完璧な理想ではなかったのですが、全体の方向性が私の抱いていたイメージと一致していて、「ユニオンテックさんなら、こちらの求めるものを理解してくれるに違いない」という確信のようなものがありました。

こちらが一を言うとその返しが0.5になるような提案力の低い業者さんはお断りするのが簡単です。ダウングレードされたり、「そうじゃないんだけどな」という解釈で返されたり。そういったことは今までに何度もありました。また、こちらが一を言うと一を返してくる人もよくいます。予算や相見積もりをとる時間がなければ、しぶしぶ妥協して、その程度の業者さんにお任せしてしまう可能性もあったかも知れません。今思えば、こだわって10社の見積りをとってよかったと思います。時間をかけてこだわったおかげで、今回ユニオンテックさんに出会うことができました。

ユニオンテックさんの担当デザイナーさんは、こちらが一を言うと一旦それを全部吸収して頷いてくれます。それから「そのままでもいいですし、こうしたらもっといいですよ」という返し方をしてくれる。見え方など、経験からのアドバイスも多くしていただきました。彼の言っていることが、こちらの意見とすりあわされて「なるほど」と気持ち良く納得できるかたちで次に進む。自分にはない引出しからの提案を受けるのは面白かったですね。彼と話していると、常に一以上のものを返してくれる能力の高さがよくわかりました。それを過剰だと感じる人もいるかもしれませんが、もともとこだわりの強い私には彼とのやりとりがとても心地よかったです。中に入れる家具も、私はこのような家具を買うつもりだ、と希望の家具の画像をお見せすると、それなら内装のデザインは、、、と的確に答えてくれました。このようなクリエイティブな議論を夜遅くまで事務所で何度も重ねました。信頼出来る人だと思って安心しましたし、実際に完成した空間もイメージ通りで満足しています。

ひとつ、ユニオンテックさんの仕事に対して不満ではないのですが、墨出し(墨出し:仕上げ工事の前に工事の基準となる線を構造体などに記すこと)の後に「やっぱりここが気になるな」と思った箇所がでてきてしまったんです。そこの変更だけは間に合いませんでしたので余計な費用が出てしまいました。それが唯一、残念ではあります。ただ、常にすべての段階でとことん考え抜いて、日々決断を繰り返し、悩みぬきながらやっとクリニックは完成しました。すべてに満足したものができました。こちらの要望もたくさん聞いていただきましたし、お願いしたことは全て丁寧にやっていただきました。

クリニックのデザインは、我々のクリニックがめざすところを患者様に知っていただけるよう、他の医院と差別化をはかる重要な手段の一つです。今回のように、感性を理解していただけるデザイナーさんと出会えたことは本当に良かったです。また機会があればぜひよろしくお願いしたいと思います。

次の夢をここから

私は地域医療、高齢者福祉に大学卒業後からとても強い関心がありました。以前から意識している高齢者向けの福祉の分野と、今回のクリニックで扱う医療を合わせて地域に愛される医療法人にしていくことを今後の目標の一つにしています。地域に貢献する方法として、福祉と医療というものはとても必要性が高く近い存在だと思っています。「福岡市の抗加齢医療と介護福祉事業といえばブリス」という、地元にしっかり根ざした存在になりたいと考えています。

もう一つの目標は、このBLISS CLINICをより多くの方に知っていただき、クリニックで行っていることをさらに拡大し、広い地域でやっていくことも考えています。福岡市内だけではなく、私の出身大学があり知人などゆかりの多い沖縄などにも、当院の関連施設を展開していくのが夢です。その場合、各地を飛び回ることになるので、実際やってみると性に合わない、と気づくかもしれませんが、とにかくどのやり方があっているのかを数年かけて見極めようと思います。

これらの夢を実現するために、まずこのクリニックとともに一生懸命日々精進していきたいと思います。

美しい、愛すべきこのBLISS CLINICを作っていただいたご担当者様はじめユニオンテックの関係者様にあらためて感謝いたします。ユニオンテックさんは若い感性を持った素晴らしい会社だと思っています。同年代のバイタリティにあふれるスタッフの皆さまと一緒にデザインし作り上げたこのクリニックを大事にしていきたいと思います。

 

 

BLISS CLINIC

PORTFOLIOはこちら